ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【手首固定で角度維持】返さないゴルフスイングは方向性が安定

      2016/08/10

ゴルフ手首

あなたは手首を固定していますか?

手首を固定しないと、飛距離・方向ともに全くダメです。

手首を固定することで、ボールを強く押し潰すことができるのです。

また、手首の角度はどのようにしていますか?

正解は、右手の手首の角度は、真っすぐでなければなりません。

逆に、左手の手首は、曲がることになります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

間違った手首の使い方が方向性を狂わせる

まず、アドレスから間違った手首の角度になっている方がいます。

これは、左手の手首を真っすぐに伸ばして右手の手首に角度をつけているものです。

 

アドレスでこのような手首の角度になっているということは、

その方は、ハンドファーストでアドレスをしているということでしょう。

 

ハンドファーストのアドレスは、フェースターンをするためのアドレスなんです。

右手の手首を曲げたままテークバックし、そのままダウンスイングしてきて、

インパクトの直前に手首の角度をほどいていきます。

このような手首の使い方では、手首が最大で180度動くことになります。

 

結果、

すくい打ちになり、ボールが飛ばない

フェースターンをしすぎて、引っ掛けやチーピンになった

手首をリリースするタイミングが遅れて、スライスやプッシュアウトになった

など、様々なミスが起きます。

 

スポンサードリンク

手首を固定し角度を維持したまま、フェースを返さずにボールを飛ばすには?

まずは、アドレスから。

正解は、ハンドレイトのアドレスです。

ハンドファーストではありません。

 

グリップの位置は、体の中心より右の太もも側になります。

右手の手首は真っすぐにし、右腕全体とクラブシャフトが一直線になるようにします。

そのまま、左手を握ると左手首は折れて、角度がつくと思います。

 

そのままの状態を維持したまま、テークバックします。

テークバックの際は、右手の手首が折れないように注意します。

トップでも、コックなどの手首を動かしてはいけません。

 

そして、ダウンスイングに入ります。

ダウンスイングでも、右手の手首を維持したままインパクトに向います。

そして、インパクトでは少しだけ手首をつかって、クラブフェースの向きを調整します。

 

ここまで手首の角度を維持したままと言っているのに、手首を使うのはおかしいのではないか?

と思われたかもしれません。

しかし、これはしょうがないのです。

右手の手首の角度を維持したとしても、100%動かないわけではないのです。

 

それは、クラブヘッドのほうが重たいので、ダウンスイングをするとクラブヘッドが遅れておりてくるのです。

それを、少しだけ手首で調整してあげます。ほんの少しだけです。

 

手首を固定したスイングは、方向性・飛距離ともに高い

このように、手首を固定し、角度を維持したスイングが出来れば、

フェース面があまり動かないため、方向性が高まります。

 

また、フェース面があまり動かないということは、

ボールを押す時間が長くなり、

結果、飛距離アップにつながります。

この打ち方が出来るようになると、フェースターンで飛ばすスイングがバカらしく感じると思いますよ。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 方向性