ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

広いスタンスでしか打てないのはダメ【ドライバーの打ち方基本】/ゴルフスイングのコツ

      2016/09/26

wide stance

ドライバー(ウッド)を打つときはどのようなスタンスで構えていますか?

下半身を安定させるために、スタンスを広く取って、ガニ股で腰を下ろしていませんか?

 

しかし、プロゴルファーのドライバー(ウッド)のアドレスを見ていると、

ガニ股で広くスタンスを取っている人はほとんどいません。

どちらかといえば、プロゴルファーはスッと立っているイメージではないでしょうか。

 

スタンス幅を広く取って、ガニ股でしかドライバー(ウッド)を打てない方は、

どのような問題があるでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ドライバー(ウッド)のアドレスが、広いスタンス・ガニ股の人は、スイングが不安定な証拠

 

ドライバー(ウッド)ショットは、大きなスイングアークで、ヘッドスピードも早いです。

ですから、アマチュアゴルファーは、

ガニ股になり、大きなスタンス幅を取ってスイングを安定させようとします。

 

しかし、これは根本的に間違っています。

ドライバー(ウッド)の打ち方自体が良くないのです。

大きなスタンスを取らなければ耐えることができないようなスイングをしてしまっているからです。

 

本来であれば、ドライバー(ウッド)もその他のクラブも、軸が動かない打ち方をしなければなりません。

軸が動くのを、下半身で踏ん張って耐えているようでは、良い打ち方とは言えません。

 

スポンサードリンク

どうすれば、狭いスタンスでもドライバー(ウッド)のフルショットをすることができるのか?

 

それは、体の動きを抑えて、腕をもっと効率良く使うスイングが出来ればいいいのです。

体は、スイングの土台だと考えます。

スイングの土台である体が安定すると、逆に腕がしっかり振れるようになります。

 

ヘッドスピードを上げるコツは、体をどれだけ動かさないかに掛かっています。

体が動かなければ、スタンスを狭くしても、スイング軸がブレることはありません。

 

間違ったスイングの考え方は、ボディーターンスイング

 

ボディーターンスイングがスイングの基本であるような考え方が一般的です。

しかし、体を動かせば動かすほど、スイング軸は動き安定しません。

『ゴルフはでんでん太鼓のような動き』などと言われていますが、これをすると明らかに非効率です。

 

太鼓の部分はグルグルと激しく回っても、ひもから先の部分は後から遅れてきます。

これをゴルフに置き換えてみると、ただの振り遅れでしかありません。

 

まとめ

 

・ドライバー(ウッド)が広いスタンスやガニ股などでしか打てない人は、体が動きすぎるのを踏ん張って耐えているだけ

・正しいドライバー(ウッド)スイングであれば、軸はそれほど動かないことから、狭いスタンスでも十分

・体は土台と考えて、必要以上に動かさない

・土台である体が安定すれば、腕を思い切り振れるようになり、効率よくヘッドスピードが上げれる

・ボディーターンを主にスイングしている人は、体が不安定なので、やめることをおすすめする

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドライバーが打てない