ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【体重移動(重心移動)のガマン】と【脱力】が切り返しのコツ/ゴルフ

      2016/08/10

切り返し

切り返しとは、テークバックでクラブがトップの位置にきたところから、

ダウンスイングに移行するところの動きのことです。

 

アドレスとテークバックが最高の出来でも、

切り返しの方法を間違うとエネルギーの無駄遣いとなります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

間違った切り返しの特徴は?・・・

スポンサードリンク

テークバックが間違っており、ダウンスイングで腕に力が入るからダメ

テークバックの間違いとは、主にインサイドにクラブヘッドが入りすぎている場合です。

インサイドにクラブヘッドが入りすぎているということは、クラブがかなり背中側にいってしまっています。

 

背中側にいってしまったクラブを、ダウンスイングでアドレスの位置まで戻すということは、

かなりの腕の力も使わなければ難しいです。

結果、脱力することが出来ず、スムーズな切り返しが出来ません。

 

切り返しを腰で行なってはダメ

一般で言われているゴルフ理論は、腰で切り返すといっています。

腰で切り返すとは、人によって様々かと思います。

例えば、腰を切るとか、腰を回すとか、腰をスライドさせるとかいろいろあります。

結論は、全部ダメです。

 

なぜかというと、『腰を動かす = 体重が左に移動』してしまうからです。

インパクトでは体重移動の力を利用したほうが飛びます。

しかし、切り返しの時点で体重を移動してしまうと、残るのは手の力だけです。

これこそが、ダメな手打ちというやつです。

 

人によっては、先に体重移動することで、ヘッドスピードが上がり、飛距離が出ると思っている方もいます。

しかし、ヘッドスピードだけではボールを飛ばすことはできません。

ボールは押し潰すことで、飛ぶのです。

 

ヘッドスピードが上がっただけでは、逆にボールに当たり負けします。

ロングアイアンが打てない方はこの傾向があります。

 

コックを使っているからダメ

コックを使っている人は、切り返しの前にコックを元に戻さなければ切り返しに入れません。

要するに、余計な動きをしているのです。

 

また、コックを戻しているときはクラブヘッドが動いているので、

切り返しでスムーズにヘッドスピードを加速させることができません。

 

結論・・・正しい切り返しとは?

まずは、テークバックで必要以上に体が回らず、体の真っ正面でトップが出来ていることです。

正しい位置にトップが上がれば、余計な腕の力が入らず、脱力できます。

 

トップの位置ではコックをしないで、クラブヘッドの動きを止めます。

切り返しは、腕だけで行ないます。

決して、腰を切ったりなど、体重移動をしてしまうような動きはしてはいけません。

 

ここまで、できればあとはインパクトだけですね。

↑正しいインパクトについては、こちらをご覧ください。

 

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ・切り返し