ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【インサイドへ引きすぎる】のは腰が原因/ゴルフスイング

      2016/04/04

woman-432047_640

腰の回転 で打つことを意識しすぎていませんか?

一般的にはゴルフのスイングは腰の回転で打つというようなことが言われています。

これは決して間違いではありませんがタイミングを誤ると、右へ左へ飛んでいきます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフスイングは回転運動なのか?

 

違います。正解は直線運動です。ただし、体は回転運動をします。

回転運動は、体をねじったり、回転させたりすることでボールを飛ばそうとする動きです。

これは重力などの自然の力を使っておらず、体の力だけでスイングしているという状況です。

 

スポンサードリンク

どこを直線運動させるのか?

 

直線運動させるのは、クラブヘッドです。

体はクラブヘッドを動きにつられて、回転運動をするのです。

 

った場所にボールを飛ばすためには、回転運動と直線運動のどちらが良いと思いますか?

これは誰でもわかると思いますが、正解は直線運動です。

 

回転運動でボールを飛球線方向にまっすぐ飛ばそうとしても、

少しでもタイミングが狂えば右へ左へ飛んでいきます。

 

しかし、直線運動の場合、球線後方からまっすぐボールにインパクトするため、

そのまま飛球線方向にまっすぐに飛んでいく確率が非常に高いです

 

では、腰はどのように使えばいいの?

 

腰は回さなくていいんです。

テークバックに合わせて腰は少し回転しますが、できる限りガマンが必要です。

 

クラブヘッドは飛球線方向にまっすぐ動かしたいのに、

腰を回しすぎるとクラブヘッドが腰の回転につられて回転運動をしてしまいます。

 

腰はどのタイミングで回すのか?

 

順番は以下の通りです。

クラブヘッドを飛球線後方にまっすぐ腕であげる

       ↓

腰が回転しすぎないようにガマンする

       ↓

腕でダウンスイングを開始し、ボールに対してクラブヘッドを飛球線後方から真っ直ぐ下ろして、インパクト

       ↓
インパクトと同時に体重移動を行う

       ↓

ボールが飛んだ後に腰を回転させる

 

ボールを飛ばすのは、腕の力で作ったヘッドスピードと、インパクト後の体重移動ですから、

ボールを飛ばすのに腰の回転は必要ありません

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - バックスイング