ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】スイングの上下動の3つの原因と直し方

      2016/04/03

 

上下動

スイングの上下動の原因は様々ありますが、主な3つの原因とその直し方を説明したいと思います。

 

主な3つの原因は、以下の通りです。

・バックスイングで体が伸び上がる

・フォーローで左膝が伸びる

・頭が下がりすぎる

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

バックスイングで体が伸び上がる

 

バックスイングで体が伸び上がりの原因は、高すぎるトップです。

 

トップをコンパクトにするには、

スイングをコンパクトにしなければならないと思っていませんか?

 

実は逆なんです。

スイングを大きくしなければ、コンパクトなトップにはならないのです。

 

その方法については、

↓こちらのページを見て頂くのが一番です。

 

予想外の直し方なので、驚かれると思いますよ。

 

スポンサードリンク

フォローで左膝が伸びる

 

フォローで膝が伸び上がる原因は、体重移動に問題があります。

体重移動がダウンスイングの早い段階で発生すると、膝の伸び上がりが起こります。

 

膝が伸び上がる一連の流れは、

トップからの切り返しを腰などの体を使って行なうと下半身がターゲット方向に動きます

この時点では、まだ膝は伸びていません。

                ↓

その後、クラブがボールの方に向かってきます。

クラブに勢いがついているので、体がターゲット方向に動こうとします。

                ↓

しかし、切り返しの時点で、下半身がターゲット方向に動いてしまっているので、

下半身はこれ以上、ターゲット方向に動くことができません。

                ↓

そこで体がどのように反応するかというと、

ターゲット方向に動こうとする力を、膝を伸ばすことで上方向に力を逃がします。

                ↓

これが、フォローで左膝が伸びてしまう原因です。

 

左膝の伸び上がりを直す方法は、

切り返しを腕で行ない、下半身が先行しない打ち方をしなければなりません。

 

その方法については、

↓こちらのページを見て頂くのが、一番わかりやすいので、是非ともご覧ください。

 

頭が下がりすぎる

 

頭が下がりすぎる原因は、下半身が動きすぎることと、頭の残しすぎです。

 

下半身の動きすぎとは

切り返しなどを腰から行なうことで、下半身が左に移動しすぎてしまうことです。

頭の残しすぎとは、

スイング中に頭を右側に残す意識が強く、スイングの最後まで行なっていることです。

 

頭は右に残ったまま、下半身だけダーゲット方向に動くことで、

スイング軸がくの字型になり、頭が必要以上に下がってしまいます。

 

↓こちらを読んで頂ければ、頭が下がる原因を直す方法がわかります。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - 当たらない