ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

『特徴と飛距離目安』を知り、ユーティリティーを使いこなす【ゴルフクラブ】

      2016/08/10

ユーティリティー

現在は、クラブセッティングの中に、ユーティリティを入れている方がほとんどだと思います。

その理由として、最近のアイアンセットは5番アイアンからしかないものが多いです。

4番アイアンより上は、アイアンを入れても、ユーティリティを入れてもいいようになっています。

 

しかし、それが逆に迷わせる結果になってしまっています。

あなたのこの機会に、ユーティリティのことを知りましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ユーティリティーとロングアイアンの違い

ユーティリティはロングアイアンと比べて、重心が低く・重心深度が深いです。

重心が低いということは、ボールが上がりやすいということです。

重心深度が深いため、ロングアイアンよりボールに直進性があるということです。

 

また、ヘッドの形状が違います。

アイアンのクラブヘッドは薄いですが、ユーティリティは少し丸みを帯びた形状です。

 

スポンサードリンク

重心とは? 重心深度とは?

重心とは、クラブヘッドのどの高さに重心があるかということです。

重心が低ければ低いほど、クラブヘッドがボールの下に入りやすくなるため、ボールに高さが出ます。

 

ユーティリティは、アイアンより重心を低く設定しているものが多いことから、

ボールが上がりやすいということになります。

 

重心深度とは、フェース面とクラブヘッドの重心までの距離のことです。

フェース面とクラブヘッドの距離が離れているほど、重心深度は深いということになります。

 

アイアンのヘッドの重心は、フェース面に近いところにあります。

ユーティリティの重心は、フェース面より少し離れたところにあります。

ということは、フェース面と重心が離れているユーティリティの方がアイアンより重心深度が深い

ということになります。

 

ユーティリティーとウッドの違い

ウッドは、ユーティリティよりもクラブヘッドが大きいため、重心深度が深いです。

従って、ウッドはユーティリティより、ボールが上がりやすく、直進性が高いです。

 

ユーティリティの飛距離目安

↓ロフト別の飛距離目安はこちら

同じ3番ユーティリティであっても、メーカーによりロフトが異なります

上記の表の『ロフト角(度)』を参考にご確認ください。

 

↓クラブセッティングと飛距離の目安

ユーティリティとアイアンの飛距離が、被ってしまってはいけません。

しっかりと飛距離差が出るように、あなたが持っているアイアンのロフトを確認してください。

 

ユーティリティとアイアンの飛距離差は15ヤード以上が目安。

15ヤードより短い飛距離差だと、入れる意味があまりないので気をつけてください。

4番アイアンの飛距離が180ヤードならば、195ヤード以上飛ぶクラブをいれてください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ゴルフクラブ