ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

連載6−4【インパクトの瞬間にトゥを突き刺す?】イメージ作りがゴルフスイングの基本

      2016/08/01

【インパクトの瞬間にトゥを突き刺す?】イメージ作りがゴルフスイングの基本

 

まず、このページを読む前に、以下のページから順番に読んでください。

そうしないと、このページに書いていることが、理解できないと思います。

【アドレスのボールの位置は大きく左で固定】ドライバーもアイアンもミート率アップ

 

では、ボールが身体の左側に位置する時の正しいインパクトは、

『ヘッドのトゥ側を突き刺すようにインパクトし、止める』ということの、

『突き刺す』ということについて説明したいと思います。

 

インパクトのイメージは人によって様々だと思います。

例えば、『すくい上げる』というのがありますが、これは絶対にダメです。

また、『横から滑らせるように』というのがありますが、これは引っ掛け・チーピンになる恐れがあります。

 

『突き刺す』とは、どういうことでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 

ダウンスイングのヘッド軌道が緩やかだから、地面に突き刺すイメージでもダフらない

 

まず、ヘッド軌道ですが、突き刺すということは、上から下のイメージです。

上から下だと、ダフリになると思っていませんか?

これは、ボールの位置が左だから大丈夫なんです。

 

ボール位置が身体の左側にある場合は、ヘッド軌道が緩やかになりますから、地面に刺さりにくいのです。

ですから、上から下に振り下ろすように振っても、ダフリにはなりにくいのです。

 

スポンサードリンク

 

上からだからボールに直接当たる。横からだと地面に当たってダフる

 

また、上から下に突き刺すということは、ボールに直接当てにいくため、地面に当たりにくくなります。

これも、ダフリにくい原因になります。

 

この上から下に突き刺す動きは、ショートアイアン・ウェッジだけではありません。

ドライバー・ウッド・ユーティリティー・ロングアイアンの場合でも同じです。

 

横から滑らすようにインパクトしようとすると、

結果、手前の地面に当たり、ヘッドスピードが減速したり、ダフリになります。

 

ボール位置が左側であれば、スイングのトップ位置から直線的にヘッドを突き刺しても、ダフリません。

逆に、ボールの横から円軌道でインパクトするなど考えると、ダフリなどの原因になります。

 

クラブヘッドは、直線的に上から下ろしてきましょう。

 

ボールを大きく左に置くから、上から打ち込んでも良い

 

ここまでで、ボールを左側におけば、

クラブヘッドを上から直線的に下ろしても、ダフリが出ないことがわかったと思います。

 

次のページでは、『なぜインパクト直後にヘッドを止めなければならないか?』をご説明します。

ボールを左に置いて、上から突き刺せばダフリは止まります。

しかし、上から突き刺すだけでは、ボールの方向性は安定しません。

 

では、方向性も安定させるためには、どうすればいいでしょう?

 

続きはこちらから

連載6−5【ボールにインパクトした瞬間に止める理由】方向性と飛距離が出るゴルフスイング

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - インパクト