ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

上半身と下半身の捻転差はゴルフスイングにはいらない

      2016/04/03

捻転差

ゴルフに捻転差は、必要ですか?

一般的には、捻転差で飛ばすなどと言われています。

 

しかし、捻転差は下半身をガマンし、上半身だけねじる。

きついし、腰などを痛めるのは、これが原因です。

 

ゴルフスイングは捻転差ではなく、重力とシャフトのしなりで飛ばすのです。

体は、そのための土台です。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

捻転差のゴルフは、体の使いすぎ。様々なデメリットがある。

 

昔から言われている捻転差を使ったスイングですが、これには様々なデメリットがあります。

 

・軸が安定しない

バックスイングで捻転差が大きくなればなるほど、ダウンスイングでは大きく戻ろうとします

結果、体が動きやすく、軸が安定しません。

 

・体を痛めやすい

バックスイングでは下半身を踏ん張り、上半身をねじっていく。

逆に、ダウンスイングでは腰を回し、上半身は残しておく。

この過程を見るだけで、体を痛める原因が満載ですね。

 

・体の力を使うので、疲れやすい・スイングが固くなる

下半身を維持したまま、上半身をねじっていくと、体が疲れます。

これを18ホール維持することは、至難の技です。

また、体が疲れてくると、スイングも固くなります。

 

・クラブヘッドがインサイドに入りすぎる

体に捻転差をつけるということは、上半身がかなり回ります。

そのままクラブを持つと、クラブヘッドがインサイドに入りすぎます。

インサイドに入りすぎると、様々なミスとなります。

・オーバースイングとなる

・極端な横振りとなる

・振り遅れる

 

クラブヘッドは、できる限りターゲットの後方に真っすぐ上げることで、方向性が出せるのです。

 

スポンサードリンク

『重力』を使うゴルフスイングとは?

 

『重力』と『シャフトの逆しなり』を使うスイングとはどのゆうことでしょうか?

 

まず、『重力』から。

重力とは、上から下に働く力ですね。

これは、ダウンスイングで使います。

重力を使うことで、効率よくクラブヘッドを加速させることができます。

 

体の捻れを使うスイングの場合も、もちろん重力はつかうのですが、

体が動きすぎることから、スムーズにダウンスイングができません。

 

体は土台と考えます。

なるべく動かさないことで、軸が安定します。

軸が安定すれば、腕を効率よく使うことができるので、重力も有効に使うことができます。

 

『シャフトの逆しなり』を使うゴルフスイングとは?

 

ゴルフクラブは、非常にしなりやすい構造になっています。

 

ゴルフの逆しなりとは、ダウンスイング時のシャフトは、まずは右にしなっているのですが、

その後、シャフトが左向きにしなることをいいます。

 

この逆しなりをインパクトのタイミングで使うことで、効率よくボールを飛ばすことができます。

この逆しなりも、体をできる限り動かさないことで、効率良く行なうことができます。

 

まとめ

 

・捻転差を使うスイングは、『軸が不安定』『体を痛めやすい』『疲れやすい』『インサイドに引きすぎる』

・体を必要以上に動かさずに軸を安定させることで、腕が使いやすくなる

・腕を効率的に使えると、重力やシャフトの逆しなりを有効に使うことができる

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - スイング全体