ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【トップの位置が高すぎる】オーバースイングの4つのデメリット

      2016/08/10

トップの位置

トップの位置が低いほうが、なぜ良いのでしょうか?

プロゴルファーのスイングを見ると、腕が真っすぐ上に上がってるし、

あれだけ腕が高く上がっていれば、ボールも飛ぶだろうな・・・なんて思っているのではないでしょうか?

 

確かにものすごく腕が上がっているプロもいますが、アマチュアはそれでは絶対にダメです。

また、一度自分のスイングを動画で撮ってみてください。

自分が思っている以上に上がっていると思いますよ。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

トップが高いとなぜダメなのか?・・・体幹が動きすぎるからダメ

トップが高いということは、体幹をそれだけ動かさなければなりません。

体幹が動くということは、軸のブレを生じさせることになります。

軸が動くと、スムーズなクラブヘッドの加速と高いミート率を両立させることは難しいです。

 

トップの位置で力んでしまうからダメ

トップの位置が高いということは、腕を目一杯伸ばしているということになります。

腕に力が入ると、切り返しがスムーズにできません。

 

スムーズに腕が切り返せない場合は、その影響が体に出ます。

切り返しで左に突っ込んでしまうのは、腕でできたエネルギーが行き場を失い、

結果、体へ行くことで突っ込んでしまうんです。

 

オーバースイングになってしまうからダメ

トップを高くあげると、クラブはどうなるでしょうか?

それは、クラブシャフトが地面と平行になり、そしてクラブの重みによって下がります。

ひどい場合には、自分の顔の横までクラブヘッドがきているということもあります。

 

考えてみてください。

自分の顔の左横にあるクラブヘッドを、ボールまで正確に持っていくことってすごく大変ですよね。

しかし、そのようにしている方が非常に多いです。

 

フェース面が動きすぎるからダメ

ゴルフは、ターゲットスポーツです。方向性が求められるんです。

トップが高くなればなるほど、クラブフェースは動き、正確なインパクトをすることが難しいです。

 

加えて、インパクトの時点で大きなフェースターンが起きる可能性が高いです。

インパクトの時点のフェース面が飛球線に真っすぐ向いていたとしても、

それは一瞬の話で、インパクト中もフェースターンをしていて、引っ掛けやチーピンが出るだけです。

 

理想のトップは?

低く、コンパクトなトップです。目安としては、以下の2点です。

・グリップが右肩より上にいっていない

・グリップが常に体の正面にある

 

肩の高さぐらいにしか上げていないつもりでも、動画を撮ってみると思っている以上に上がっています。

なぜなら、テークバックでスピードがついている上に、クラブの重みで反動がつき、

結果、自分が思っている以上に上がっています。

 

また、肩の高さぐらいで、ボールが飛ばせるかとお思いの方は、以下のサイトを見てください。

楽にボールを飛ばせるようになれば、コンパクトなトップなんて対して問題はないんです。

 

↑オーバースイングを直す唯一の方法は、最初から右脇を開けること

↑こちらを見て頂ければ、ボールを楽に飛ばせる方法がわかります。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ・切り返し