ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】右脇を開けることがトップの位置が低くなるただ1つの方法

      2016/04/03

コンパクト

あなたはどのようにしてトップを作っていますか?

コンパクトなトップを作るということは、肘や手が低いところにあるというイメージだと思います。

 

そこで、あなたはこのように考えたのではないですか?

          ↓

右脇が開かないようにして、バックスイングを小さくすれば、トップも小さくなる。

 

しかし、この考えは完全に間違っています。

バックスイングを小さくすればするほど、トップは高くなるのです。

 

何を言っているのと思っていませんか?

この後の説明を読んでもらえば、『なるほど』と言っていただけると思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

では、以下に書いているとおりにやってみてください。

 

右手だけで、アドレスの形を作ってください。手には何も持たないでください。

             ↓

まずは、右脇を閉めたまま、テークバックを開始します。主に動くのは肘から先になります。

             ↓

腰のあたりまで手が上がると、右肘は約90度になります。

これ以上、右肘を曲げると、肘から先が上腕に近づきすぎるため、

肘から先の動きは、ここでストップです。

             ↓

ここからは、右脇を開けていかなくては、クラブをトップまで持っていくことができません。

右肘を90度に保ったまま、右脇を90度まで開けていきます。

             ↓

右手の位置は、高さは頭より少し高いぐらいで、頭の30センチ右側にあると思います。

右手の動きは、これを終わりですので、このままの状態にしておいてください。

             ↓

トップの位置にある右手まで、左手をもっていって、クラブを握っている感じにしてください。

 

スポンサードリンク

右脇を閉めたままだと、逆にオーバースイング(トップが高くなりすぎ)てしまう

 

どんな感じですか?

 

手の位置がものすごく上にあるように感じませんか?

この体勢からクラブを振るのなんて無理だと思いませんか?

このトップだと、真上から打ち込むしかできないと感じませんか?

 

しかし、多くのアマチュアゴルファーが、このようなトップを作っています。

 

次は、コンパクトなトップの作り方です。下記のとおりにやってみてください。

 

右手だけで、アドレスの形を作ってください。手には何も持たないでください。

              ↓

テークバックの始動から、右脇を開けていってください。

その際、右肘は伸ばしたまま、大きく上げていってください。

              ↓

右脇が90度開いたところでストップです。

右手は、右肩と同じ高さにあり、右肩から手の長さの分だけ離れていると思います。

右手をそのままの状態にしておいてください。

              ↓

右手のある場所に、左手を持っていって、クラブを握っているような感じにしてください。

そして、ほんの少しだけ、右肘を曲げてください。

 

コンパクトなトップを作るためには、テークバックの開始から右脇を開けなければならない

 

どんな感じですか?

 

手の位置は肩の高さにあり、手の長さの分だけ体から離れている

右肘は少し曲がっている

 

これが正しいトップの形です。

右手とクラブを、一本の棒のように扱うのです。

 

バックスイングの始動から右脇を開けていくことで、低くて大きなバックスイングになります。

 

低いトップでは、ボールが飛ばせないように感じていませんか?

 

大丈夫です。

その分、トップ位置が大きく後ろにがいっていますので、ヘッドを加速させることができます。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - トップ・切り返し