ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

アプローチのトップ・ダフリの原因はバックスイング

      2016/04/03

approach

一般的なアプローチのトップ・ダフリの原因は、

『すくい上げようとしている』『体が回っていないから』などと言っているものが多いです。

その通りにやってもなかなかうまくいかないですよね。

やるだけのことはやったけど、それでもダフリ・トップが出るという方に読んで頂きたいです。

 

アプローチでトップやダフリが出ると心が折れそうになりますよね。

グリーンは目の前に見えているのに、

ダフリが出て、ボールが全く飛ばなかった。

トップが出て、グリーンを大きくオーバーしてしまった。

それならまだいいのですが、OBになる場合もありますよね。

 

アプローチは、スイングの基本です。

アプローチのミスが多い方は、フルスイングもミスが起こります。

アプローチのトップ・ダフリの原因が解れば、フルショットでもすばらしいボールが出ます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

アプローチのトップ・ダフリの原因は、バックスイングで体を回しすぎている

 

テークバックから体を回し過ぎた場合は、どのようなヘッド軌道になるでしょうか。

クラブヘッドは、インサイドに入ってきます。

テークバックで体が回りすぎると、ダウンスイングで大きく戻さなければなりません。

 

ダウンスイングで体を回すタイミングが早すぎた場合は、

クラブヘッドのトゥー側(先端側)が地面にささりやすくなり、

また、遅すぎた場合は、ターゲットより右へ飛んでいきます。

 

これらのタイミングを調整しようとして手首などを使ってしまい、結果、トップやダフリとなります。

 

正しい体の使い方は、基本的には体を動かさないようにするということです。

簡単に言えば手打ちをするということです。

体が動きすぎると、軸が動くなど、良いことがありません。

 

スポンサードリンク

アプローチで手首を使い過ぎていると、全てのスイングでトップ・ダフリとなる

 

手首を使うと、クラブヘッドが上がりすぎます。

クラブヘッドが上がりすぎると、ヘッド軌道が鋭角になり、トップやダフリの原因となります。

しかし、どうしても手首を使いたくなるのです。

 

その理由の1つは、手首を使ったほうがタイミングが取りやすいからです。

正しい動きは、腕をしっかり使い、大きく揺るやかなヘッド軌道で打つことです。

しかし、体の動きが大きくなると、タイミングが取りにくいです。

それが嫌なので、手首を使い、小さく動かしてタイミングを取ろうとします。

 

理由の2つめは、手首で小さく振っても、スイングスピードを上げることができるからです。

小さな振りで飛ぶということは、ミート率が高まりそうな気がします。

しかし、高く上がったヘッドを元に戻す際に、タイミングが狂うとトップ・ダフリの原因になります。

 

タイミングが早すぎるとダフリに、遅すぎるとトップになります。

 

アプローチだけじゃない。トップ・ダフりが起こりにくいクラブヘッドの使い方とは?

 

それは、クラブヘッドが地面を滑るような動きをしてくれればいいのです。

クラブヘッドを地面に滑らせるためには、

・揺るやかなヘッド軌道

・ターゲットの後方から、クラブヘッドが真っすぐ下りてくる

この2点が必要です。

 

↑あなたが知りたい『ヘッド軌道を滑らせる方法』は下記のページに記載したいと思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アプローチ