ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】トップの位置で左手甲の向きに真上はない

      2016/04/03

トップ

トップでの左手の甲の向きは、どちらを向いていますか?

上を向いていませんか?

左手の甲が上を向いているということは、フェースが開いていることになります。

 

フックグリップだから、ウィークグリップだからというのは関係ないんです。

これは、どのようなグリップをしても、トップの位置で上を向いていることはいけません

 

左手の甲の向きと、グリップの握り方との関係について説明致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

どのようなグリップの握り方であっても、トップで左手甲が真上は向かない。

 

まず、左手甲が真上を向かないというのは、絶対条件です。

 

それはなぜか?

トップでの正しいクラブの状態とは、クラブが立っていなければなりません。

クラブが立っている状態の場合は、左手首が曲がっており、左手甲は真上を向きません。

また、右手の手首が真っすぐ伸びて、主にクラブを支えています。

 

間違ったトップの形は、左手首が伸びて、右手首が曲がっている状態です。

左手首が伸びてしまうと、左手甲は真上を向きやすくなります。

よくトップの形は『出前持ち』のようにといいますが、これではクラブが寝た状態です。

クラブが寝ているということは、フェースが開いているということになり、良くありません。

 

スポンサードリンク

ウィークグリップの場合の左手の甲の動きとは?

 

ウィークグリップとは、アドレスしたときの左手甲の向きがターゲットの方向を向いています。

 

では、ウィークグリップで、トップにいくまでに左手甲はどのように動くでしょうか?

 

アドレスでは、左手甲はターゲット方向を向いています。

        ↓

バックスイングでは、左手の甲はずっとターゲット方向を向きながら、上がっていきます。

        ↓

トップに上がっても、左手甲はターゲット方向を向き、左手首は曲がっています。

右手首は、伸びた状態です。

 

これが、ウィークグリップでの正しい左手甲の動きです。

 

フックグリップの場合の左手の甲の動きとは?

 

フックグリップとは、アドレスしたときの左手甲の向きが、自分の目線と同じ方向を向いています。

 

では、フックグリップで、トップにいくまでに左手甲はどのように動くでしょうか?

 

アドレスでは、左手甲は自分の目線と同じ方向を向いています。

        ↓

バックスイングでは、左手の甲は徐々に上を向きながら、上がっていきます。

        ↓

トップに上がると、左手甲は自分の方向を向き、左手首は曲がっています。

右手首は、伸びた状態です。

 

これが、ウィークグリップでの正しい左手甲の動きです。

 

まとめ

 

・トップでの左手甲は、どのようなグリップの握り方をしても、真上を向くことはない

・トップで左手甲が真上を向いているということは、フェースが開いてしまっていて良くない

・トップで左手首が伸びて、右手首が曲がっている『出前持ち』の形は、良くない

・ウィークグリップの場合のトップでの左手甲は、ターゲット方向を向いている

・ストロンググリップの場合のトップでの左手甲は、自分の方向を向いている

・ウィーク・ストロングに関わらず、アドレスからトップまで常に伸びている

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - トップ・切り返し