ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

体の浮き上がりによるトップの原因と直し方

      2016/04/03

 float

あなたの周りにもこんな方はいませんか?

・スイングした直後に、後ろによろめく

・インパクトと同時につま先立ちになる

 

このようなスイングの方は、体を目一杯使っていると思います。

しかし、考えてみてください。

これだけ体が動いて、きちんとボールにインパクトできると思いますか?

 

また、これらの人の特徴は、以外と飛んでいないということです。

では、何が悪いのでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

あなたが行なっている体が浮かないようにする対策は?

 

あなたは、体が浮き上がらないようにこのようなことをやっていませんか?

・ひざをしっかり曲げる(特に右ひざが伸び上がらないようにする)

・股関節から体を曲げる

・背中をしっかり伸ばす

・スイングの際に腰やおしりが前へ出ないようにがまんする

・頭が浮き上がらないように、ボールを打ったあとも下を向きつづける

 

これらの対策は、決して間違ってはいないと思います。

しかし、これらをやったとしても、どうしても体が浮き上がっていまうという方はいると思います。

それは、もっと根本的な原因があるからです。

それが、何かわかりますか?

 

スポンサードリンク

体が浮き上がってしまう根本的な原因とは?

 

それは、ボールを打つ為に、体を使いすぎているということです。

スイングのエンジンが体だと思っているからです。

ボディーターンを主体としてスイングをしているからです。

 

ボディーターンでスイングをするということは、それだけ体を動かしているということです。

ですから、いくら体が浮かないような対策をしても、限界があります。

 

どのようにすれば、体が浮かないようにできるのか?

 

体をスイングのエンジンと考えるのではなく、体は土台だと考えてください。

体を土台と考えると、ボディーターンスイングでは土台とはなりません。

土台をしっかりさせることで、腕・クラブを最大限使うことができるのです。

 

そのためには、まずボディーターンスイングを捨ててください。

テークバック・ダウンスイング・インパクトまでは、全て腕だけで行なってください。

しかし、これだけではただの手打ちになってしまいますので、

インパクト直後からは、体重移動を利用してください。

 

ボディーターンを捨てて、体を土台とすることができれば、

・軸が動きにくい

・腕・クラブを目一杯つかうことができる

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ