ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ドライバー(ウッド)打ち方のコツ】初心者(ビギナー)は飛ばないの?/ゴルフスイングのコツ

      2016/09/26

 

panda-154951_640

初心者(ビギナー)のドライバー(ウッド)が飛ばないのは、

以下の3つが原因ではないかと思われます。 

 

 この症状は、初心者(ビギナー)だけではなく、

ボディーターンを主体としてスイングする方にも同様の傾向があります。

 

・軸が動きすぎる 

 ・フェースターンの使いすぎ 

 ・体重移動をガマンできていない 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

軸が動きすぎる 

 

初心者(ビギナー)の方はボールを飛ばすために、体を目一杯使って、スイングをします。 

テークバックで腰・背中・胸をしっかり回し、切り返しも腰から行なう方が多いです。 

 

しかし、体のあらゆる部位を動かすボディーターンスイングで軸を保てると思いますか? 

自分の中では軸を動かさずに体だけを回していると言いそうですが、

少し左右に重心が動いただけでも軸は動いているのです。 

 

とくに、ドライバー(ウッド)はスイングが大きくなることから、軸が動きやすくなります。

 

 では、どうすれば重心は動かないようになるでしょうか? 

それは、出来る限り体幹を動かさなければよいのです。 

体幹を動かさないことで軸が安定し、結果、腕の力だけでも十分にボールは飛びます。 

 

高齢の方で、体が固くて、完全な手打ち。だけど、お上手な方っていますよね? 

こういう方は軸が動いていないから、手打ちでもOKなんです。

 

スポンサードリンク

 フェースターンの使いすぎ 

 

初心者(ビギナー)の方は、ゴルフは体を中心として、クラブを振る円軌道の動きだと思っています。

テークバックではインサイドに引いて、加えて、腕や手首を使ってフェースターンをします。

 

とくに、ドライバー(ウッド)の場合は、スイングの円軌道が大きいことから、

フェースターンも大きくなります。

 

しかし、これは卓球でいうスマッシュの打ち方と同じです。

ボールに回転をかけているだけで、全く飛ばないのです。

 

では、どうすればよいでしょうか? 

 それは、できる限りボールを直線的に長い時間押してあげればよいのです。

 

テークバックは出来る限り、飛球線後方に真っすぐ引きます。 

ダウンスイングも同じように、飛球線後方から真っすぐ下ろしてきます。 

インパクト時は、フェースの向きを飛球線方向に、出来る限り長い時間向ければよいです。 

 

ドライバー(ウッド)の場合は、ボールを弾くイメージが強いかもしれません。

しかし、アイアンなどと一緒で、ドライバー(ウッド)も押し出すイメージが必要です。

 

体重移動が早すぎる

 

初心者(ビギナー)の方やボディーターンで打つ方は、インパクトの前に体重移動が終わっていることから、

結果、手だけで打っています。 

 理想はインパクトと同時に体重移動することです。 

 

初心者(ビギナー)の方やボディーターンで打つ方は、重心が動きやすくなります。 

また、トップからの切り返しを、左への体重移動で行なう方なども、大変もったいないことをしています。 

 

とくに、ドライバー(ウッド)の場合は、ヘッドスピードを上げたいことから、

急激な体重移動となってしまいます。

 

体重移動をガマンするには、インパクトまで体を動かしてはいけません。 

テークバック・トップからの切り返し・ダウンスイングまでを、腕だけで行ないます。 

軸がしっかりしていれば、腕だけでヘッドスピードを上げることは可能です。 

 

そして、インパクトと同時に左に体重移動します。 

そうすることで、効率よくボールを飛ばすことができます。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - 飛ばない