ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【スイングの運命を決める】のはバックスイング(テークバック)/ゴルフ

      2016/04/03

テークバック

バックスイング(テークバック)は、スイングの最初の段階です。

間違ったバックスイングをした場合は、これを後から正常なスイングに戻すことは難しいです。

 

バックスイングは、始動した瞬間から始まります。

この一瞬を間違うことが、スイングの全てをダメにします。

また、その後のヘッド軌道が初心者と上級者では、明らかにことなります。

 

プロの中には、ジム・フューリックのような独特なバックスイングをする人もいます。

ジム・フューリックを知らない方のために少し説明しますが、

バックスイングでクラブヘッドを真上に上げていき、

ダウンスイングでは、クラブを寝かしながら下ろしてきます。

 

しかし、アマチュアゴルファは、このような特殊なスイングではなく、まずは通常のテークバックを覚えてください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

バックスイング(テークバック)の際に一番してはいけないこととは?

 

それは、インサイドにクラブヘッドが上がりすぎることです。

ありがちなのは、クラブヘッドが背中側まで行ってしまい、

そこから、コックを入れることでオーバースイングになってしまっている方が非常に多いです。

 

オーバースイングになった状態から、ボールを正確に捕らえることは大変むずかしいです。

うまくできるのは、横峯さくらぐらいなものです。

相当に体が柔らかくなければ、安定したスイングをすることは難しいです。

 

スポンサードリンク

なぜ、バックスイング(テークバック)がインサイドに上がり、オーバースイングになるのか?

 

それは、スイング軌道を横振りの円軌道だと思っているからです。

ゴルフスイングを頭の上から見た場合に、体を中心として、円軌道に動きます。

ですから、バックスイングで体を回すことで、クラブも円軌道に動くと考えています。

 

これは、ボディーターンスイング至上主義が生んだ間違いです

体を回そうとする意識が強く、それに合わせてクラブも回してしまっているからです。

 

しかし、体は自分で思っている以上に回ってしまっています。

下半身が回り、腰が回り、胸が回ると、かなり背中側に回ります。

これに合わせるから、クラブも背中側に回ってしまいます。

 

では、どのようなバックスイング(テークバック)が正しいの?

↓まずは、こちらをご覧ください。

 

正しいスイングをするには、以下の3点を行なわなければなります。

・腰の回転を抑える。

・始動は飛球線後方に真っすぐあげる。

・クラブを立てて上げる。

 

まず、下半身をどっしりさせて、腰が必要以上に回らないようにします。

そして、バックスイングは、飛球線後方に真っすぐ上げます。

最後に、クラブを立てて、トップをつくります。

 

こうすることで、クラブヘッドが飛球線を大きく離れることはなく、

スムーズにインパクトに向かうことができます。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - バックスイング