ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【腕→腰】インパクト直後の体重移動で手打ちでも飛距離アップ/ゴルフスイング理論

      2016/04/04

decision-1013712_640

ゴルフスイングに体重移動は必要か?

ゴルフスイングには、体重移動が必要です

腕力だけでなく、体重移動も利用することで効率よく飛ばすことができます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

腕力でボールを飛ばせるのか?

 

腕力だけでは、ボールを飛ばせません。

腕力は、ヘッドスピードを上げるために使います。

 

ヘッドスピードが早ければ早いほど、ボールは遠くに飛びそうなきがしますよね。

しかし、それではボールは飛びません。

ヘッドスピードが早ければ早いほど、ボールとクラブヘッドの衝撃が大きくなるため、結果、当たり負けることになります。

 

スポンサードリンク

当たり負けしないためにはどうすればいいのか?

 

それは、体重移動を利用することです。

あなたのお友達の飛ばし屋の方は、体重が重たい方が多いと思います。

理由は、体重が重い人ほど体重移動の力が大きいからです。

 

体重移動を利用すれば、ボールを長く押すことになり、

結果、ボールが潰れたようなインパクトを感じることができます。

 

体重移動の方法はどれがいいの?

 

体重移動の方法は、様々な理論があります。

例えば、テークバックで腰を右にスライドさせることで右足に体重を乗せて、

ダウンスイングからフォローにかけて、左腰をすばやく回転させることで、左足体重を移動させるという方法です。

 

その他には、アドレスの段階で右足に体重を乗せた状態から、

ダウンスイングからフォローにかけて、腰を飛球線方向にスライドすることで左足に体重を移動させる方法です。

 

体重移動の方法は様々ありますが、どのような形でも構いませんので、自分に合った方法を見つけてください。

 

間違った体重移動のタイミングは?

 

一般的には、トップからの切り返しで、体重を移動するよう指導しているものが多いです。

 

具体的には、ダウンスイングに入った直後に、

ズボンの左のポケットを後ろに引いて、腰の回転でリードしてスイングするといったものです。

初心者の方は、特にこのことを意識されているのではないでしょうか。

 

しかし、それではインパクトを迎える前に体重移動の力を使い終わってしまいます。

結果、最後は腕の力を利用してボールをインパクトすることになり、力のないボールになります。

 

正しい体重移動のタイミングは?

 

正解は、インパクトと同時に体重移動です。

 

インパクトと同時に体重移動をすることで、

クラブヘッドがボールに当たり負けせず、ボールを潰した分厚いインパクトになります。

 

腕力はヘッドスピードを上げるために利用するだけで、ボールをインパクトする前の助走です。

ボールを飛ばすのは、体重移動の力です。

 

ダウンスイングの正しい順序は?

 

腕を使ってクラブヘッドのスピードを上げる

       ↓

インパクトまでヘッドスピードを落とさない

       ↓

インパクトと同時に体重移動を開始

       ↓

ヘッドスピード+体重を利用し、ボールに圧力を加える

       ↓

ボールが潰れた分厚いインパクトになる

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フォロー・フィニッシュ