ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【腕→身体】左右の腕を効率良く使い、身体は最後に使う/ゴルフスイング基本

      2016/04/04

golfing-163721_640

ゴルフのスイング理論は、様々な方が様々な理論を提唱していますが、

皆さんはどの理論が正しいと思いますか。

 

これは人によって、正解・不正解は分かれるところだと思います。

また、初心者(ビギナー)は、全くわからないと思います。

 

ゴルフスイングで一番大事なことは、体の軸を保つことです。

当サイトでは、体の軸をどれだけ動かさないかを重点としたスイングをご紹介しています。

そのために、体は極力動かさず安定させて、腕を効率的に使うことが基本となります。

 

初心者(ビギナー)や、ボディーターンでしか打ったことが無い方には、

特に読んで頂きたいと思っております。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

トップポジションでの左手の形は?

 

トップポジションまでいったら、そのままの形で停止して、正しい状態にあるか確認しましょう。

まず、左手が脱力している状態が正解です。

左肘をガチガチに力を入れて伸ばしている状態はいけません。

コックは必要ありません。

 

スポンサードリンク

トップポジションでの右手の形は?

 

次に、右手ですが、右脇が開いて右手首が真っすぐ伸びていること大事です。

右脇がしまりすぎると、テークバックがインサイドすぎます

右肘は曲がりますが、基本的には伸び気味でないといけません。

右肘が、約90度曲がっている人が多いですが、それではダメです。

 

ダウンスイングは、2段階ロケットでヘッドスピードを加速させる

 

テークバック・切り返し・インパクトは腕だけで行ない、インパクト以降は体を使っていきます。

 

テークバックは、腕だけを使います。

重心が右に動かないように、軸を保つことが重要です。

 

切り返し・ダウンスイング・インパクトも、腕だけで行ないます。

決して、腰の回転などから行なってはいけません。

 

インパクトの直後から2段階に入ります。

腰の回転やスライドを使い、重心を左へ移動させることで、ボールを押していきます。

 

腕→体の順番が変わると、全く飛びませんので気をつけてください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - スイング全体