ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】縦振りでスイングプレーンにクラブヘッドを収める

      2016/04/03

縦振り

スイングプレーン内にクラブヘッドを納めることが、ゴルフスイングを安定させるのは間違いありません。

 

スイングプレーン内に上げることを意識して、丁寧にスイングをしていると思います。

しかし、その方法を間違っている方が非常に多いです。

・形だけはスイングプレーンに入っている人

・スイングプレーンには入っているけど手の位置が間違っている人

 

では、どのようにすれば、自然にスイングプレーン内にクラブヘッドを収めることができるでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

正しいヘッド軌道は、クラブの縦振りと体の回転で作る

 

まず、スイングプレーンの考え方で注意しないといけないのは、

クラブがトップ位置に来た際に、スイングプレーン内に手とクラブヘッドが入っていることが重要です。

スイングの途中はそれほど気にしないでください。

 

クラブヘッドは、ターゲット後方に真っすぐ上げたいので、クラブの動きは縦振りになります。

これだけでは、スイングプレーンを外れますので、体の回転を合わせることで斜め上へと上がっていくのです。

 

しかし、体を回しすぎると、スイングプレーンの下をクラブヘッドが通ることになりますので、

体の回転はできるかぎり抑えてください。

 

スポンサードリンク

間違ったスイングプレーン内へのヘッドの入れ方

 

スイングプレーンは、ターゲットの後方から見て考えます。

 

スイングプレーンの上の線は、ボールと首の付け根をつないだ一直線の線となります。

スイングプレーンの下の線は、クラブシャフトの角度となります。

 

スイングプレーンは、ボールから離れれば離れるほど、広がっていくことになります。

 

間違ったスイングプレーンへのヘッドの入れ方は、

腕だけを、斜めに上げるようにして行なうことです。しかし、このやり方は体の回転を考えていません。

結果は、クラブヘッドがスイングプレーンの下にいき、低いヘッド位置となります。

 

もう1つの間違ったスイングプレーンへのヘッドの入れ方は、

極端なハンドファーストの構えによる、アウトサイドに上がるバックスイングです。

ハンドファーストの構えは、グリップが体の中心より左側にあるため、クラブヘッドが外側に上がりやすいです。

結果、クラブヘッドがスイングプレーンの上にいき、高すぎるヘッド位置となります。

 

正しいヘッド軌道の具体的な作り方

 

それでは、手順を追って説明します。

 

まずは、ハンドレイトでアドレスすることが重要です。

これをしなければ、スイングプレーンの上にクラブヘッドが外れていきます。

 

次に、バックスイングの始動から腰の位置までクラブヘッドが上がるまでです。

この時点は、ヘッド軌道をターゲット後方に真っすぐ上げることが重要です。

ターゲット後方に真っすぐ上げていくと、ヘッド軌道はスイングプレーンの上にいきます。

結果、腰まで上がった段階では、クラブヘッドの自分の右斜め前にあることになります。

 

そして、ここから体の回転が加わります。

といっても、体を自分から回すということではありません。

体の回転を抑えるぐらいがちょうどいいです。

 

結果、クラブの縦の動きと、体の横の動きが合わさって、

トップ位置ではスイングプレーン内にクラブヘッドが収まります。

 

まとめ

 

・クラブヘッドをスイングプレーンに収めるには、クラブの縦振りと、体の横回転を合わせることが必要

・手だけでスイングプレーンを作ろうとすると、スイングプレーンの下に外れやすい

・ハンドファーストでスイングプレーンを作ろうとすると、スイングプレーンの上に外れやすい

・正しいスイングプレーンは、バックスイングの始動から腰の高さまでは、スイングプレーンの上に外れる

 そこから、体の回転が入るが、できるかぎり回転しないようにガマンする。

 結果、トップの位置では、クラブヘッドがスイングプレーン内に収まる

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - バックスイング