ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフスイングレッスン】トップ・ダフリなし。アプローチは滑らせる

      2016/04/03

滑らせる

アプローチでトップ・ダフリをする悪い動きについては、別のページで説明をしています。

今回のゴルフレッスンは、正しいアプローチとはどのような動きなのか説明致します。

 

アプローチでのトップ・ダフリなどのつまらないミスは心が折れます。

ミスの少ないアプローチが出来るようになると、一段とゴルフが楽しくなってきます。

例えば、今まではミスを恐れるあまり、安全な選択をしていたとしても

ちょっと勝負してみようかなという気になります。

 

アプローチが得意になって、スコアアップだけではありません。

回りのゴルファーからも一目置かれるようになると思いますよ。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

正しいアプローチは、クラブヘッドをすべらせて、ターゲット後方から真っすぐいれる

 

クラブヘッドをすべらせて、ターゲット後方から真っすぐいれるには、どのようにしたら良いでしょう?

 

スポンサードリンク

『アドレスはハンドレイトで構える』

 

ハンドレイトで構えます。

ハンドレイトで構えると、グリップの位置が体の中心より若干右側になり、すこし体から離れます。

 

ハンドファーストで構えると、リーディングエッジが下を向きます。

結果、ダフリが出やすいアドレスです。ダフリを恐れるとトップになってしまいます。

 

『テークバックはターゲットの後方にまっすぐ腕だけで上げる』

 

体は回さずに、腕だけでターゲット後方に真っすぐテークバックをします。

体を回さないようにしても、体は多少は回りますので、それで十分なんです。

体を回すと、インサイドに引きすぎるため、絶対にしないでください。

 

また、腕で上げていく際に手首のコックは使ってはいけません。

手首のコックを使って打つ場合は、ロブショットなどの特別な場合だけです。

 

『シャフトを逆しなりさせてインパクトする』・・・これが一番重要。みんな知らない

 

『アドレスはハンドレイトで構える』

『テークバックはターゲットの後方にまっすぐ腕だけで上げる』

この2つをすると、ヘッド軌道が緩やかになり、大きなテークバックとなることは想像できると思います。

 

しかし、この2点だけでは70ヤード〜90ヤードの長いアプローチを打つことはできません。

なぜかと言えば、大きくゆったりとした振りになるため、ヘッドスピードを上げることが難しいからです。

無理に早く振ろうとすると、軸が崩れてしまうことから、逆にミスしてしまいます。

 

そこで、シャフトの逆しなりを使ってインパクトするのです。

シャフトの逆しなりを正しくできれば、大きなスイングをしなくとも、ボールを飛ばすことができます。

 

このシャフトの逆しなりは、どのクラブを振っても自然に発生しています。

ドライバー(ウッド)・アイアンだけでなく、パターでもわずかですが発生しています。

 

しかし、この逆しなりを意図的にコントロールしている人はほとんどいません。

逆しなりができるようになると、ゴルフが簡単になります。

 

今回のゴルフレッスンはアプローチでしたが、いかかでしたでしょうか?

↑シャフトの逆しなりについては、下記のページに記載しています。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - アプローチ