ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【結局は何が一番大事なのか?】ゴルフスイングの基本

      2016/04/03

hands-460865_640

ゴルフスイングの基本は、様々あります。

体の回転だとか、腰の切れ、下半身の安定、体重移動など、挙げてみればきりがないです。

しかし、ここが出来ていないと何をやってもダメということがあります。

 

それでは、ゴルフスイングの中で一番大事なこととはなんでしょうか?

あなたにわかりやすくご説明致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフスイングで一番大事なのは、スイングのどの段階でしょうか?

 

正解は、『インパクト』です。

どんなにむちゃくちゃなテークバックをしても、インパクトさえちゃんとしていればいいですよね。

ここまでは、あなたにも想像がついていると思います。

 

スポンサードリンク

では、正しいインパクトをした時、ボールはどのような状態になっているでしょうか?

 

正解は、『ボールが潰れている状態』です。

インパクトでボールをしっかりと押し潰せていれば、ボールを飛ばすのに力は必要ありません。

簡単にボールを押し潰すことができれば、飛距離のことを考える必要がありません。

結果、方向性だけ考えればいいのです。

 

では、これがダメだとボールを効率よく押し潰せないというのは、どの部分でしょうか?

 

正解は、『グリップ』です。

最高のテークバック・トップ・ダウンスイングが出来たとしても、

グリップがしっかりしていないと、効率よく力を使えることができません。

 

逆に、むちゃくちゃなフォームでスイングしたとしても、

グリップさえしっかりしていれば、ボールは簡単に飛んでいきます。

 

では、正しいグリップとは、どういう状態でしょうか?

 

正解は、『ヘッドの重さを感じている状態』です。

適度に脱力しており、スイングの動きに合わせて、ヘッドの重みを感じることです。

目でヘッドの位置は見えてますが、インパクトは一瞬のため、目でヘッドを合わせることはできません。

ヘッドの位置を体で感じるには、ヘッドの重みを感じることができるグリップをしなければなりません。

 

ヘッドの位置を体で感じることができるグリップの握り方は?

 

正解は、『右手の人差し指の力が抜けている握り方』です。

 

では、これをやってみてください。

ゴルフクラブを普通にグリップして、ヘッドを地面から20センチ程度浮かせてください。

その際、グリップを握る強さは、すこし強めに持ってください。その方がわかりやすいので。

その状態で、左手の小指だけをグリップから離してください。

 

そのときにヘッドは動きますか?

特に動かないと思います。

 

通常のグリップに戻して、今度は右手の人差し指だけ離してください。

どうでしょうか?

少しヘッドが下がり、重みを感じますよね。

 

要するに、右手人差し指が、グリップの全てなんです。

 

では、当サイトがおすすめする右手人差し指の握り方は、下のリンク先にてご説明致します。

↑こちらに右手人差し指の握り方の答えがあります。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - その他(スイング基礎)