ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【初心者と中級者では課題が異なる】スコアメイクの秘訣/ゴルフ

      2016/04/03

notebook-791283_640

スコアメイクの秘訣は、

初心者(ビギナー)(100切り)、中級者(90切り)上級者(80切り)と目標により異なります。 

 

100切りは、ドライバー(ウッド)のOBを減らすこと 

90切りは、クラブ選択を間違えないこと 

80切りは、その人その人で課題が異なります 

 

初心者(ビギナー)と中級者に関しては、ミスした後のリカバリーをどうするとかより、

基本的なミスを無くすことが重要です。 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

まずは、初心者(ビギナー)(100切りが目標)の方 

初心者(ビギナー)はどのクラブにおいても、OBが出る可能性はありますが、

特に飛距離の出るドライバー(ウッド)は、OBになる可能性が非常に高く、OB連発の可能性も非常に高いです。 

 

OBが多い場合は、リカバリーをすることが不可能です。 

まずは、ドライバー(ウッド)のOBを減らすことがスコアメイクの1番の近道です。 

 

スポンサードリンク

次に、中級者(90切りが目標)の方 

90切りが目標(中級者)の方は、クラブ選択が1番重要です。 

 

初心者(ビギナー)はドライバー(ウッド)のOBは多くても、アイアンはそれほどOBしません。 

その理由は、アイアンを打ってもダフリやチョロばかりで、飛距離が出ないからです。 

 

しかし、中級者は違います。 

アイアンもそれなりに打てることから距離は出ますが、方向性が安定しないのでOBになります。 

なので、初心者(ビギナー)のときのほうがスコアが良かったという方も多いと思います。 

 

そこで、中級者が気をつけなければいけないのが、少し短めのクラブを持つということです。 

例えば、ピンがグリーンの奥で、距離が150ヤード。グリーンエッジまで130ヤード。 

この時に中級者は、常に150ヤード飛ぶクラブを選択します。 

これが間違いです。 

この時は130ヤードを出るクラブで十分なんです。 

 

中級者の弱点は、そのクラブが何ヤード飛ぶのかを、正確に把握していないことが多いです。 

いつもは150ヤードしか飛ばないのに、

今回はジャストミートしたことで160ヤード飛んだとか、 

風を計算に入れてなかったとか、 

距離感はよかったけど左に飛んでをOBになった等でスコアを崩します。 

 

グリーンの手前に乗れば充分と言うクラブであれば、

仮にミスを犯したとしても大きな痛手にはなりません。 

場合によっては、バーディーやパーチャンスもあり得ます。 

 

初心者(ビギナー)はドライバー(ウッド)のOBを減らすこと 

中級者はクラブ選択を誤らないこと 

この2点を覚えておいてください 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - コース戦略