ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ダウンブロー禁止】自然なアッパーブローがダフリの直し方

      2016/03/15

 

アッパー

最近のゴルフスイング理論では、ダウンブローで打たなければならないという考え方があります。

ドライバーはティーアップしていることから、多少のアッパーブローになっても、

アイアンはダウンブローでなければならないと思っている方が多いと思います。

 

しかし、ボールにクリーンヒットするためには、ダウンブローでは難しいです。

 

ゴルフクラブをうまく使うことができれば、ヘッド軌道は自然なアッパー軌道になります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

なぜ、アイアンはダウンブローで打つという理論が広まったのか?

 

それは、プロゴルファーがアイアンを打ったときに飛んでいく芝生を見ているからです。

それもかなりの量が。

 

これを見たアマチュアは、このように考えます。

『芝生を飛ばすためには、地面にクラブヘッドが入るぐらい、打ち込まないといけない』

『芝生を飛ばすことができるぐらいのダウンブローが良い』

 

しかし、ダウンブローで打つと、芝生が飛んでいくどころか、ただのダフリになってしまいます。

 

スポンサードリンク

なぜ、プロゴルファーがアイアンを打つと、簡単に芝生が飛んでいくのでしょうか?

 

プロゴルファーは、ダウンブローで打っているから、芝生が飛んでいっているのではありません。

 

シャフトの逆しなりを使ってインパクトに向かうと、勝手に芝生が取れていくのです。

シャフトの逆しなりが、芝生を薄く刈り取って、飛んでいくのです。

 

シャフトのしなりを使うと、クラブヘッドがアッパーブローの動きになります。

このアッパーブローは自然に出来たものであって、手の動きなどで作ったものではありません

 

自然なアッパーブローを作るためには、どのように打てばいいのか?

 

そのためには、スイングの最下点が、ボールの後ろにあるイメージで打つことです。

 

クラブヘッドをボールの後ろに落としたとしても、

そこからシャフトの逆しなりが起こり、結果、ボールの真横に当たります。

 

このときのクラブヘッドの動きは、わずかなアッパーブローになります。

 

シャフトが逆しなりすれば、ヘッドスピードが上がることから、クラブヘッドの抜けが良くなります。

 

よくある間違いは、ボールの先に最下点があるイメージで打つことです。

 

ダウンブローで打つと、アイアンのリーディングエッジがボールに当たり、

その後、芝生に入り込んでいくことになります。

ダウンブローの最下点は、ボールより先になります。

 

ボールの先を最下点として打つと、ボールに直接的に当てにいく動きでダメです。

ボールに直接的に当てにいくと、シャフトが逆しなりするまえにボールにヒットします。

 

また、ボールにヒットした後に、リーディングエッジが芝生に入ることから、

ヘッドスピードが遅くなり、クラブヘッドの抜けが悪くなります。

 

まとめ

 

ボールを効率よく飛ばすためには、

ボールにインパクトした後にクラブヘッドが加速しなければなりません。

 

ダウンブローで打つと、

ボールにヒットした後に、リーディングエッジが芝生に入ることから、

ヘッドスピードが減速してしまうので、絶対にやってはいけません。

 

正しいスイングは、

スイングの最下点がボールの後ろ側になり、

そこからシャフトが逆しなりして、ヘッドスピードが加速します。

 

逆しなりすると、リーディングエッジが芝生を薄く刈り取りながら、

クラブヘッドの動きは少しアッパー気味になります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダウンブロー