ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ダフリ(ざっくり)の原因となる間違ったアドレス(構え方)とその直し方

      2016/04/03

address

ダフリ(ざっくり)の原因は様々ですが、アドレス(構え)の時点でダフリやすいアドレスをしている人がいます。

アドレスを見るだけで、その人がどのようなスイングをするかは、大体わかります。

練習場(打ちっぱなし)では、マットがすべりやすいため、それでも打てるのですが、

コースに出ると、まともに打てない人が多いです。

では、ダフリやすいアドレスとはどのようなアドレスでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ダフリの原因となるアドレスとは?

 

ずばり、ハンドファーストのアドレスです。

 

では、ハンドファーストのアドレス(構え方)の特徴とは・・・

・クラブヘッドの位置は、体の中心から右寄り

・グリップの位置は、左足太ももの前あたり

・グリップは体に近い位置にある

・左手首はまっすぐ。右手首はくの字に曲がっている

 

スポンサードリンク

ハンドファーストのアドレスがなぜダフリの原因となるのか?

 

ハンドファーストの特徴から見て、ダフリ(ざっくり)の原因は様々です。

 

アドレスの時点でロフトが立つことから、リーディングエッジが下を向きやすく、ダフりやすい

グリップの位置が左寄りにあることから、インパクトでグリップ(手元)が先行しやすく、リーディングエッジが下を向く

・インパクトでグリップが先行しすぎると、リストターンを使うことになり、ダフリやすくなる

グリップが体に近いことから、バックスイングのスイングアークが小さくなり、上からクラブヘッドが入りやすい

右手首が、くの字に曲がっていることから、コックを使いやすく、上からクラブヘッドを入れてしまう

・ダウンスイングで腰のあたりまでタメを作って、一気にリリースする。

 すると、シャフトが必要以上にしなり、クラブヘッドが遅れることから、ダフリやすい

・グリップが体に近いことから、体が回転しやすくなり、結果、軸がブレてダフりになる

 

ダフリを予防するアドレスとはハンドレイト

 

ダフリ(ざっくり)を予防するには、ハンドレイトのアドレスです。

ハンドレイトのアドレスの特徴は、ハンドファーストと比べて、全くの逆になります。

 

・クラブヘッドの位置は、体の中心

・グリップの位置は、右足太ももの前あたり

・グリップは体から遠い位置にある

左手首は、逆くの字型に曲がる。右手首はまっすぐ

 

ハンドレイトのスイングは以下のとおりです。

・クラブヘッドの入射角が緩やか

・バックスイングのスイングアーク(振り幅)が大きい

・コックを使わない。だから、シャフトも必要以上にしならない

リストターン(フェースローテーション)を使わない

・グリップが体から遠いので、体はあまり回らず、クラブはまっすぐ上がる

 

結果、リーディングエッジ(クラブの歯)が上を向くため、結果、ダフリにくいスイングになります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダフリ