ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ダフリの原因となる間違ったバックスイング(テークバック)の直し方

      2016/04/03

ダフリ

ダフリの原因は様々ですが、今回はバックスイングが原因である場合を説明致します。

バックスイングを間違った時点で、全体のスイングは壊れていることになります。

ゴルフスイングは、インパクトまでが勝負です。

正しいバックスイングができれば、ダフリのリスクを大きく減らすことができます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

どのようなバックスイングがダフリの原因となるのか?

 

ダフリとなるバックスイングの原因は、大きく2つあります。

1つは、手首のコックを使ったバックスイングです。

クラブヘッドは、コックをした時点から上がっていきます。

コックのタイミングは、人それぞれ違いますが、コックが早ければ早いほどいけません。

 

コックが早いということは、バックスイングが小さくなります。

バックスイングが小さくなればなるほど、上から打ち込むような軌道になり、

結果、上から打ち込み過ぎのダフリとなります。

 

もう1つは、インサイドに引きすぎのバックスイングです。

インサイドに引きすぎると、大きく飛球線の軌道を外れ、

ひどい場合には自分の背中の真後ろまできている人や、オーバースイングの人がいます。

 

ここから、インパクトに正確に持ってくることは、大変難しいです。

また、体の回転だけではインパクトまで間に合わない場合は、リストターンを使うことになります。

リストターンは使えば使うほど、リーディングエッジが刺さりやすくなり、結果、ダフリとなります。

 

スポンサードリンク

ダフリを予防する正しいバックスイングとは?

 

ターゲットの後方に真っすぐ上がって、スイング中にコックを使わないバックスイングです。

バックスイングの始動から、右手の手首は伸びた状態で上がっていきます。

その時、クラブヘッドは出来る限り、ターゲットの真後ろに真っすぐ上げていきます。

 

ターゲット後方に真っすぐ上げるには、右脇も開けていきます。

右肘が曲がりやすい人は、右脇が締まりすぎているからです。

 

そして、トップでもコックをせずに、上がってきたままの状態でクラブヘッドを静止させます。

これが正しいバックスイングです。

 

正しいバックスイングに直すための条件とは?

 

それは、ハンドレイトのアドレスです。

ハンドレイトのアドレスは、右手首を伸ばしてアドレスをすることができます。

逆に、ハンドファーストのアドレスは、右手首が曲がっていることから、

コックを使いやすいアドレスですので、絶対にしないでください。

 

また、ハンドレイトにアドレスすると、グリップは体から離れます。

そうすることで、出来る限り体から離れている大きなテークバックが可能となります。

ターゲットの真後ろにまっすぐ上げることができるのです。

 

ハンドレイトのアドレスを取り入れてください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダフリ