ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】ダフリ(ざっくり)にならない正しいクラブヘッドの使い方

      2016/04/03

stubbing2

ダフリ(ざっくり)にならない正しいクラブヘッドの使い方を考えたことはありますか?

頭では分かっていても、実際にスイングすることは難しいと思います。

それは、一般的に言われているゴルフ理論でスイングすると難しいからです。

では、ダフリ(ざっくり)になりにくい正しいヘッドの使い方とは、どうゆうことでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

間違ったクラブヘッドの使い方は、ダウンブロー

あなたはダウンブローで打っていませんか?

最近、雑誌などで取り上げられていますが、ダウンブローで打って本当によいのでしょうか?

これは、プロゴルファーが打ったときに、芝生がごっそり飛んでいくのを見ているからでしょうか。

ダウンブローで打つことで、芝生を取って打てるという方が多いようです。

 

しかし、ダウンブローで打つと、ただダフるだけですね。

上から下に打っているわけですから。

これが、練習場のように、地面がコンクリートで、マットが滑りやすいのであれば、可能です。

しかし、コースは地面は土なので、ダウンブローで打つとダフるだけです。

 

ただし、ダウンブローで打とうと思っていなくても、

ダウンブローで打ちやすいアドレスをしており、結果、ダウンブローになっているという人もいます。

 

ソールを滑らせるように使うとダフリにくくなる

正しいクラブヘッドの使い方とは、クラブヘッドを緩やかな軌道で動かし、インパクトすることです。

緩やかなクラブヘッドの軌道で打てると、クラブのソールを滑らせるように使うことができます。

ソールを滑らせることができれば、ダフリとは無縁になります。

 

ソールを滑らせるには、どのようにすればいいのか?

まずは、ハンドファーストを止めることです。

ハンドファーストのアドレスは、リーディングエッジが地面を向きます。

ダフリ(ざっくり)のしやすいアドレスなのです。

 

正しいアドレスは、ハンドレイトです。

ハンドレイトとは、グリップが右太もも寄りになり、フェース面が上を向きます。

ということは、リーディングエッジも上を向くことから、ダフりにくくなります。

 

また、ハンドレイトでアドレスをすれば、ダウンブローで打つことがやりにくくなります。

ヘッド軌道が緩やかに打てます。

ダウンブローは、地面が固く、マットの滑りやすい練習場では打つことはできます。

しかし、コースではダフるだけですなので、必ず止めましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダフリ