ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフレッスン】アイアンのダフリの原因となる切り返しと直し方

      2016/04/03

stubbing

ダフリの原因の1つに、間違った切り返しがあります。

その理由は、みなさんが行なっているスイングの基本に問題がある場合が多いです。

練習場は、地面が固く、マットが滑りやすいことから、それでも打つことができます。

しかし、コースでは様々な打ちにくい状況がありますので、それでは戦えません。

では、みなさんが行なっているスイングの基本の問題とは何でしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

間違った切り返しとは、どんな切り返し?

あなたが行なっている切り返しとは、こんな感じじゃないですか?

クラブがトップに上がったところから、

まず、腰を切って切り返しをスタートする。

そのときに、手・クラブはトップ位置に置いたままにすることで、捻転差が生まれる。

 

では、何が問題でしょうか?

まず、問題なのが、腰からの切り返しです。

腰から切り返すということは、少なからず軸が左に動き、体重移動をしてしまいます。

また、腰だけが左へ動き軸がくの字型になってしまいます。

 

これで、体重移動はもう使えなくなりますので、ここからは腕の力だけでスイングします。

これが手打ちの正体です。

また、軸が左に動いていますので、少なからずトップの手の位置も左に動いています。

結果、クラブとボールの距離が短くなり、鋭角にクラブヘッドを打ち込むことになります。

これが、ダフリの原因です。

 

スポンサードリンク

ダフリの根本的な原因は?

ずばり、ボディーターンスイングが問題です。

一般的にボディーターンが正しいということになっていますが、ボディーターンでは体が動きすぎるのです。

まずは、ボディーターンで振るということを捨ててください。

 

ダフリがしにくいスイングとは?

切り返しは、腕だけで行なうということです。

腕だけだ行なうメリットは、

・軸が動かない

・正確にクラブを下ろすことができる

 

また、切り返しのときには、体は出来る限り動かさないことが大事です。

体は、スイングの土台です。

土台をしっかりさせることで、腕・クラブを思い切り振ることができるのです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダフリ