ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ダウンスイングで手首のタメはザックリ・だるま落としの原因

      2016/04/03

down blow

ダウンスイングで腰までゴルフクラブを下ろしてきた際に、

手首のコックを維持したまま下ろしてくるのが一般的ですが、

これがザックリやだるま落としの原因になっていることをご存知ですか?

 

ザックリとは、ボールの手前にクラブヘッドが落ちてしまい、

芝をザックリ刈り取ってしまうようなミスをいいます。

ダフリと一緒の状況なのですが、ダフリの状態がもっとひどい場合をいいます。

 

だるま落としとは、ラフでボールが浮いている状況で、

クラブヘッドがボールの下をくぐってしまうミスです。

日本の古来からのおもちゃからきた名称です。

ザックリもだるま落としも、同じ原因から起こるミスです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

腰の位置まで手首をタメてスイングすると、クラブヘッドはどのような動きになるのか?

 

腰の位置で手首のタメができる流れはこんな感じです。

 

トップではコックを作っている

       ↓

コックを維持したまま、ダウンスイングを開始する

       ↓

腰の位置までクラブを下ろしてくる。クラブシャフトは、地面と平行。

コックを維持している。手首の角度は90度

       ↓

手首をリリースして、クラブヘッドをボールへ向ける

 

スポンサードリンク

腰までクラブが下りてきた時、グリップはどの位置にあるでしょうか?

 

腰の真横にあり、体から非常に近い位置にあります。

グリップが体に非常に近い位置にあるということは、

ボールに対し、鋭角にクラブヘッドを入れないといけなくなります。

 

要するに、腰の位置でタメを作るスイングとは、コックを使ってスイングするということ

       ↓

コックをするということは、バックスイングからクラブヘッドがあがりやすい

       ↓

結果、スイングアークが小さくなり上からクラブヘッドを入れる動きになります。

 

このようなヘッド軌道で打つことを『ダウンブロー』といいますが、

これでは、ザックリ・だるま落としは止まりません。

 

なぜ、腰の位置まで手首をタメてスイングするとなぜザックリ・だるま落としになるのか?

 

ザックリの原因としては、

・ヘッド軌道が鋭角となるため、上から急角度に打ち込んでいる

・腰の位置までクラブが下りてきたときに、リーディングエッジが下を向いている

 

だるま落としの原因は、

・ラフに浮いているボールは、横からボールをインパクトしないといけないが、

ヘッド軌道が鋭角なため、ボールの下にクラブヘッドが入ってしまう

 

クラブヘッドを鋭角に入れるダウンブローでは、コースで打てない

 

このように、上から鋭角にクラブヘッドを入れるスイングを『ダウンブロー』といいます。

最近、流行の言葉ですね。

しかし、ダウンブローでは練習場で打てても、コースでは打てません。

 

練習場の場合、床がコンクリートで固く、マットが大変滑りやすいです。

ですから、ダウンブローに打っても良い球が出ます。

 

これが、コースの場合はどうでしょう?

下は芝や土で練習場のように固くありませんし、マットのように滑りません。

ラフに浮いているボールだけでなく、アイアンをティーアップして打つ場合なども打てません。

腰の位置で手首のタメを作らずに、大きなバックスイングをして、ノーコックで打てるように練習しましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダウンスイング