ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】ダウンスイング(打ち下ろし)の手首のタメはトップ・ダフリの原因

      2016/04/03

store

あなたは、ダウンスイング(クラブを打ち下ろす)の際、

クラブが腰に下りてくるまで、手首の角度を維持してスイングしていませんか?

この手首の維持がスイングのタメだと言われています。

この手首の維持が早く解けると、アーリーリリースとか、キャスティングなどと言われ、

良くないゴルフスイングだと言われています。

 

しかし、このダウンスイング(打ち下ろし)のタメですが、本当にいるのでしょうか?

このタメを作ることで、ゴルフが難しくなっています。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ダウンスイング(打ち下ろし)でクラブが腰まできたときのタメが、なぜダメなのか?

 

それは、インパクトで手首を使うスイングだからです。

 

間違ったスイングの流れはこんな感じです。

まず、腰まで手首のコックを維持したまま、クラブが下りてきます。

          ↓

腕の動きはここで止まり、ここからは手首の動きとなります。

手首のターン(リストターン)を使って、ボールまでクラブヘッドを運んでいきます。

 

要するに、手首をリリース(緩める)するということは、手首でスイング・インパクトするということなんです。

 

スポンサードリンク

ダウンスイングを手首で行なうと、どのようなメリットがあるでしょうか?

 

まず、手首でスイングすると、簡単にヘッドスピードを上げることができます。

これが、みなさんが手首を使いたくなる大きな理由です。

 

ダウンスイングを手首で行なうと、どのようなデメリットがあるでしょうか?

 

・手首のリリースのタイミングが遅れた場合は、ダフリとなります。

ゴルフクラブが腰の高さまでおりてきます。

その時、グリップも合わせて腰まで下りてきますが、次にグリップはどのように動くでしょうか?

 

グリップはターゲット方向(左方向)に動きます。

グリップが左に動くと同時に、手首をリリースするのですが、

リリースのタイミングが遅れると、急いで手首を使ってクラブヘッドを下ろしていきます。

結果、急激にクラブヘッドが動き、ダフリとなります。

 

・逆に、手首のリリースが早かった場合は、トップになります。

ゴルフクラブがこしの高さまで下りてきて、

そこからグリップがターゲット方向(左方向)に動くことまでは、上と同じです。

 

そこから、手首のリリースのタイミングが遅れると、

クラブヘッドがボールの高さまでしっかりと下りてこないことになります。

結果、トップとなるのです。

 

では、手首のタメを作らずにスイングするにはどのようにすれば?

 

それは、手首を使わないスイングに変えなければなりません。

 

手首を使わないスイングとは、

・バックスイングのアークが大きい

・バックスイングではコックを使わない

・バックスイングの間、右手首が伸びている

 

このようなスイングが出来れば、手首を使わなくてもスイングすることができます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダウンスイング