ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ゴルフクラブをゆっくり振る(スロースイング)のメリット

      2016/04/03

 

ゆっくり

初心者(ビギナー)の方は、ボールが当たらない・飛ばないことから、早く振ってしまいがちです。

しかし、上級者ほどゆっくりと振っている(スロースイング)をしています。

それでも、ボールはしっかりと飛んでいきます。

 

それは、上級者ほどゴルフクラブの使い方が解っているからです。

 

では、ゆっくり振る(スロースイング)のメリットとは、どのようなものでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゆっくり振ると、クラブヘッドが暴れない

 

スピードを出して振った場合、クラブヘッドが暴れやすくなります。

特に、フェースターンが起きやすくなり、飛距離・方向性ともに安定しません。

 

スポンサードリンク

スロースイングは、シャフトがしなり曲がりにくい

 

シャフトがしなりすぎると、自分が思っていないところにヘッドがある場合があります。

特に、ダウンスイングでは、ヘッドがかなり遅れて下りてくることになります。

 

スイングが早いと、シャフトがしなったり、反ったりと安定しません。

スロースイングをすることで、シャフトのしなり曲がりを小さくすることができます。

結果、スイング軌道が緩やかになり、インパクトが安定します。

 

ゆっくりと振れば、スイング軸も安定する

 

当たり前のことですが、ゆっくり振ることでクラブヘッド・シャフトが安定するだけでなく、

体も無駄な動きをしにくくなります。

結果、ミート率が向上します。

 

スロースイングは、一定のリズムで打つことができる

 

スイングが一番大きく崩れるのは、急に動くということです。

急に動かすということが、クラブが変に暴れたり、シャフトが一気にしなり曲がったり

一番動きが激しくなります。

 

ゆっくりとした一定したリズムでスイングすれば、ゴルフが一気に安定します。

 

勘違いしてほしくないのが、

バックスイング(テークバック)をゆっくりしても、ダウンスイングで早くなる人です。

飛ばしたい気持ちはわかりますが、逆に飛ばなくなり、方向性も安定しません

 

ダウンスイングこそ、ゆっくりと下ろしてきてください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - スイング全体