ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

プルスライス(左に出て右に曲がる)の原因と直し方のコツ/ゴルフ

      2016/04/03

slice

スライスにも様々な種類がありますが、

今回はプルスライス(左に出た後、右に曲がる)についての原因と直し方を説明します。

 

プルスライスの特徴は、あまり大けがにならない場合があるということです。

左に出て、右に返ってくることから、フェアウェイに落ちる

飛距離が出ない

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

初心者(ビギナー)に多い、プルスライスの原因は?

 

プルスライスは、フェース面はターゲット方向を向いていますが、

クラブヘッドの軌道が、アウトサイドインになっているということです。

 

アウトサイドインは、初心者(ビギナー)の方に多いスイング軌道です。

アウトサイドインの原因は、バックスイングで肩が入っていないということです。

肩が入っていないとは、テークバックの時に肩がしっかり回っていないということです。

 

そして、ヘッド軌道がアウトサイドインで、フェースが左向きの場合は、引っ掛けとなります。

よって、アウトサイドインの軌道は、『プルスライス』と『引っ掛け』の2つの球筋が出ます。

やはり、アウトサイドインの軌道を直すことが、スイング改善の近道ということになります。

 

スポンサードリンク

なぜ、アウトサイドインの軌道は直りにくいのか?

 

しかし、このアウトサイドインですが、なかなか直りにくいと思われている方が多いです。

アベレージゴルファーはスライスもフックも両方が出ますが、基本はアウトサイドイン軌道です。

フックが出るのは、スライスを防ぐために、フェースをターンさせすぎたことによる場合が多いです。

 

やはり、基本的にはアウトサイドイン軌道を直さなければいけません

そこで、初心者(ビギナー)がやりがちなのが、単純に体を大きく回して、肩を入れようとすることです。

これは、根本的な解決にはなりません。

 

無理に体を回すということは、様々な弊害を生みます

体に力が入り、スムーズなスイングができない

軸がぶれやすい

朝一や疲れが出てきた時は、体が回らない

 

スライスの原因であるアウトサイドインを直す方法は、アドレスにコツがある

 

それは、アドレスを『ハンドファースト』から『ハンドレイト』に直すことです。

ハンドファーストのグリップ位置は、左足太ももの前ですが、

ハンドレイトのグリップ位置は、右足太ももの前です。

 

質問です。

よりターゲットの後方にテークバックをするには、どちらのアドレスがいいですか?

もうお分かりだとは思いますが、

 

正解は、ハンドレイトのグリップです。

ハンドレイトは、ターゲット後方に近いグリップ位置のため、少しのバックスイングでも十分です。

ハンドレイトのアドレスは、その他のメリットも多いので、ぜひとも取り入れてください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - スライス・プッシュスライス