ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【インサイドイン・フェースターンではダメ】ドライバーのスライス矯正/ゴルフスイング

      2016/09/26

ドライバースライス

あなたはドライバー(ウッド)で、スライス(右へ曲がるボール)の原因をこのように考えられてませんか? 

 

・ドライバー(ウッド)はシャフトが長いことから、フェース面を飛球線方向に真っ直ぐ向けること難しい。 

・シャフトが長いことによる横振りとなり、インパクトでフェース面をまっすぐに向けることが難しい。 

アウトサイドイン軌道になっているからだ。 

 

そこで、あなたはこのように対応しようとしていませんか? 

フェースターン(リストターン)をもっと速くして、フェースをしっかり返そう。 

・インパクトでクラブヘッドをもっとインサイドから入れよう。 

 

しかし、これではチーピンや引っ掛けになります。

そして、チーピンや引っ掛けが出だすと、次はフェースターン(リストターン)を抑えようとします。

すると、今度はスライス(右へ曲がるボール)が出ます

悪循環ですね。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

フェースターン・インサイドインは、スライスの根本的な問題解決にはならない。

 

ドライバー(ウッド)のスライスの解消のために、以下の2つをやろうとします。

『フェイスターン』でボールを捕まえる

インパクト周辺のヘッド軌道を『インサイドイン』にする

しかし、この2つはドライバー(ウッド)のスライス解消にはなりません。

 

スポンサードリンク

『フェイスターン』でボールを捕まえてもダメ

 

フェースターンが多すぎた場合、ひっかけやチーピンの原因になります。 

逆に、フェイスターンが少なすぎた場合、スライスやプッシュアウトになります。

ゴルフのインパクトは一瞬なため、フェイスの向きをコントロールすることは困難です。

また、フェースターンしながらのインパクトは、ボールに無駄な回転を掛けるため、方向性は安定しません。

 

インパクト周辺のヘッド軌道を『インサイドイン』にしてもダメ

 

一般的な理論は、クラブヘッドを『インサイドから入れて、インサイドに抜く』と言われています。

こうすることで、ボールを捕まえてスライスを防止すると言われています。

しかし、これも様々なミスの原因となります。 

 

なぜなら、インサイドインでクラブヘッドが動くということは、

フェイスが閉じながらインパクトする動きとなり、フェイスターンしているのと一緒だからです。

フェイスターンの『タイミング』や『量』の違いにより、

『スライス(右へ曲がるボール) ⇆ チーピン・引っ掛け(左へ曲がるボール)』と悪循環になります。

こちらの動画も参考になります。スライスになる打ち方の原因を説明してくれています。 

 

では、どのようにすればドライバーのスライスを抑えることができるか? 

 

 基本的な考え方は、この4点。 

・フェースターン(リストターン)はしない 

・アドレスでの手の位置は右太ももの前でハンドレイト (ハンドファーストは絶対ダメ

・バックスイング(テイクバック)でのクラブヘッドは、飛球線の後方へまっすぐ上げる

・ダウンスイングも、飛球線後方からまっすぐ下ろしてくる

 

フェースをターンさせず、手首は固定すれば、ボールを押し出すように打つことができます。

ボールを押し出すように打てば、ボールに無駄な回転が掛からず、スライスが無くなります

 

クラブヘッドを飛球線後方からまっすぐ入れるためには、テイクバックをインサイドに引いてはいけません。

そのためにはテイクバックで肩、胸、腰などを回さずにテイクバックをします。 

 

ドライバー(ウッド)の方向性を出せるようになると、

狭いホールでのティーショット、パー5での2オンや、長いバー4での2オンも狙えます。

すると、ゴルフがものすごく楽しくなりますよ。

 

まとめ 

 

・アドレスでのグリップ位置はハンドレイトぎみで、シャフトはまっすぐ 

フェースターンを行わない 

・テイクバックは飛球線後方にまっすぐ上げる 

・ダウンスイングも飛球線後方からまっすぐに入り、インパクトへ 

・ドライバー(ウッド)の方向性が安定すると、狭いホールでのティーショット、パー5での2オンや、長いバー4での2オンも狙える。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - スライス・プッシュスライス