ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ドライバーシャフトを【瞬間的に鋼鉄化】して飛距離アップ/ゴルフスイングのコツ

      2016/09/26

 

ドライバー飛距離アップ

ドライバースイングにおいて、あなたは何を最重要にしていますか?

ドライバーは全てのクラブの中で一番長いことから、一番扱いにくいクラブです。

また、ティーの上にボールがあるというのが特徴です。

 

ドライバーが長く、ティーの上にあるというのは、何を意味しているでしょうか?

それは、ボールを遠くに飛ばせという意味なのです。

 

あなたが安心してドライバーをフルスイング出来た時、ゴルフスイングの本質が解ります。

これは大袈裟ではありません。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ドライバーの役割は、ボールを遠くに飛ばすことです。

 

ドライバーの難しさは、ボールをできる限り飛ばすという目的を達成しないといけないからです。

 

あれだけフェースが大きく、ティーの上にボールがあることから、

ただ単にボールに当てろと言われれば、一番簡単なクラブなのかもしれません。

 

しかし、ドライバーを握ることによる、

ゴルファーの使命は、ゴルフボールをより遠くに飛ばさないといけないということです。

 

スポンサードリンク

方向を気にするなら、ドライバーは握らなくて良い。しかし、それではゴルフは一生上達しない

 

このページを読まれる方は、

まずは、ドライバーをフルスイングして、できる限り飛ばすことを考えなければなりません。

 

方向性だけを合わせるだけなら、ドライバーをやさしく打てばいいし、

スプーンやバフィーなどでティーショットをすればいいです。

 

しかし、それではフルバックからは一生回れませんし、シングルの仲間入りもできません

 

ドライバーの構造を知り、スペックを最大限使いきることができれば、ゴルフは簡単になる

 

ドライバーのスペックを最大限使うことができるとどうなるかというと、

実は飛距離だけではなく、方向性も安定します。

 

スイング中に一番大事なことを、ドライバーショットから学ぶことができます

 

では、本題に入ります。

 

柔らかいカーボンシャフトでも、一番伸びきっている状態は鋼鉄と同じ

 

アニメ『ONEPEACE』で出てくる、『鉄塊』という技をご存知ですか?

身体を鋼鉄のように固くする技で、通常よりも相手にダメージを与えることができます

 

ゴルフも同じく、『鉄塊』のようにシャフトを鋼鉄化すればいいのです。

 

ゴルフスイングにおいても、シャフトが鋼鉄のように固くなる瞬間があります。

それは、遠心力によりシャフトが伸ばされている状態です。

普段はしなりがあるカーボンシャフトも、瞬間的に鋼鉄のように固くなります。

 

この状態でボールにインパクトすれば、当たり負けすることは絶対にありません

結果、固いゴルフボールを効率よく押し潰すことができ、飛距離がアップします。

 

この鋼鉄になるタイミングを逃さなければいいのです。

 

シャフトが鋼鉄化のタイミングで飛距離がアップする。方向性アップにはもう1つコツがある

 

このページでは、ドライバーを効率よく使い、ボールを飛ばす方法を説明しましたが、

実はこれだけでは、ドライバーは真っすぐ飛ばないのです。

 

しかし、シャフトを鋼鉄化するタイミングで打つと、

ほとんどの方が、ボールが右に飛んでいくか、スライスになると思います。

 

ドライバーをフルスイングして、真っすぐ飛ばすコツは次のページで説明致します。

 

↑本ページの続きはこちら

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ドライバーが打てない