ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

シャンクの原因はゴルフスイングの基本のボディーターンに

      2016/04/03

shank

シャンクの原因の一番は、間違ったボディーターンにあります。

アプローチでシャンクをしている人を見かけませんか?

あんなにゆっくり丁寧に打っているのに。

テークバックをした時点のクラブヘッドの位置で、シャンクするなというのが大体わかります。

なぜ、ボディーターンがシャンクの原因になるのかをご説明致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

シャンクとは何かご存知ですか?

 

シャンクとは、クラブヘッドとシャフトをつないでいる部分で打ってしまうことを言います。

このつないでいる部分を、『ネック(首)』といいます。

 

ダウンスイングからインパクトにかけて、フェース面を閉じることができないままインパクトした場合、

先にある『ネック』がボールに当たることになり、シャンクとなるのです。

 

スポンサードリンク

シャンクを防止するには、腕の振りを基本としたスイングをして、体からクラブを離すこと

 

シャンクを防止する正しいスイングは、このような手順で行ないます。

アドレスをハンドレイトで構える

 

・グリップは体の右側寄りで、体から少し離れます。(ハンドファーストとは逆の構え)

                   ↓

テークバックは腕で行ない、ヘッド軌道はターゲット後方に真っすぐあげます。

このときに、以下2点に注意して行なってください。

・体はあまり回さない

・フェースローテーションを抑える

腰の高さまでクラブヘッドが上がってきた時、クラブヘッドの位置は自分の右斜め前(右腰の横ではない)

                   ↓

ダウンスイングは、ターゲット後方から真っすぐ下ろしてきます。

 

ゴルフスイングの基本であるボディーターンがシャンクの原因である

 

シャンクの原因は、ボディーターンによりクラブヘッドをインサイドに引きすぎるからです。

ボディーターンスイングでのゴルフクラブ・クラブヘッドは、自分の体を中心に回っていきます。

ということは、フェース面が開きやすくなります。

 

フェース面が開いたままインパクトするということは、

クラブの『ネック』部分が常にスイング軌道の先頭にいることになります。

そのまま、インパクトすればシャンクとなるのです。

 

まとめ

 

・アドレスはハンドレイトで行ない、腕だけでテークバックしやすい体勢を作る

・テークバックは腕で行ない、ターゲット後方に真っすぐあげる

・テークバックでは、フェースローテションは抑える

・クラブが腰の高さまで上がってきた時、クラブヘッドは自分の右斜め前にある(右腰の横ではない)

・ダウンスイングはフェースローテーションをせずに、ターゲット後方から真っすぐ下ろしてくる

・ボディーターンスイングは、クラブヘッドをインサイドに引きすぎるため、絶対にしない

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - シャンク