ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【最下点で一直線が正解】インパクト時点でクラブと右腕が一直線では遅い

      2016/03/14

ゴルフクラブ右腕

クラブと右腕が一直線になれば、右腕もシャフトになったのと同じこととなり、

ドライバーの飛距離がアップすることは分かって頂けたと思います。

 

しかし、これだけでは足りません。

クラブと右腕が一直線になるタイミングが重要です。

それは、スイングの最下点で一直線にならなければなりません。

インパクトで一直線になっても遅いんです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

インパクトで一直線で逆しなりが起こらない

 

なぜ、インパクトで一直線では遅いのかわかりますか?

それは、シャフトの逆しなりが起こらなくなるからです。

 

シャフトの逆しなりがわからない方は、まず下記のリンクを読んでください。

 

スイング中のシャフトは、ダウンスイングでは順しなり(右側に曲がり)、

その後、一度シャフトが一直線になった後、逆しなり(左側にシャフトが曲がる)します。

要するに、一度シャフトが一直線にならなければ、逆しなりしないのです。

 

スポンサードリンク

ボールにインパクトした時点でシャフトが一直線になっても遅い理由

 

ボールにインパクトした時点でシャフトが一直線であるということは、シャフトの動きはそこで止まります

結果、逆しなりしないということになります。

 

シャフトが逆しなりしないスイングは、ボールに当たり負けをしてしまいます。

結果、ボールは飛びません。

これが続くと、スイングの力みにもつながります。

 

シャフトの逆しなりを起こすために、早めにシャフトを一直線にする

 

スイングの最下点でシャフトが一直線になれば、そこから逆しなりが起こります。

ダウンスイングで作ったヘッドスピードに、シャフトの逆しなりによるヘッドの加速が加わります。

 

結果、ヘッドスピードが大幅に上がり飛距離アップします。

また、ボールへの当たり負けもなくなります

 

スイングの最下点は、どのクラブでもボールにインパクトする手前にある

 

ゴルフスイングの最下点は、ボールにインパクトする手前に必ずあることを理解してください。

これは、アイアンの場合でも同じです。

 

最近のスイング理論では、ボールより左側に最下点があるとの記事を見かけますが、これは間違いです。

スイングの最下点は、どのクラブであってもボールに当たる手前にあります。

詳しくは、以下の記事を読んでください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - 飛ばない