ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

バンカーショットの打ち方の基本はトゥーだけ砂に入れる

      2016/04/03

sand shot

バンカーショットはアマチュアゴルファーにとっては、大変難しいですね。

しかし、クラブフェースのトゥー側だけを、砂に入れれば簡単に脱出することができます。

 

ちなみに『トゥー』とは何かご存知ですか?

『トゥー』とは、クラブヘッドの先端部分をいい、日本語でつま先という意味ですね。

反対にクラブヘッドの手前側を『ヒール』といい、日本語でかかとという意味ですね。

要するに、クラブヘッドを、足で表現しています。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

バンカーショットの打ち方の基本とコツ

 

バンカーショットのコツは、クラブヘッドのトゥー側だけを地面に入れることになります。

バンカーショットのメカニズムは、こんな感じです。

 

ダウンスイングで、クラブヘッドのトゥー側だけを、ボールの手前に入れる

               ↓

トゥー側が砂に入ったことで、クラブヘッドが減速し、フェース面はターゲット方向に向ける

               ↓

砂の中に入っていないクラブのヒール側は加速させる。フェース面はターゲット方向を向いたまま

               ↓

そのまま、振り抜くと砂がフェースの上に乗り、砂と一緒にボールも飛んでいく

 

バンカーショットのコツとして、砂を切るように打つと言いますが、

クラブヘッドのトゥー側だけを入れることが出来れば、砂を切ることが出来ます。

 

スポンサードリンク

バンカーショットでやってはいけないのは、ヒール側を砂に入れること

 

バンカーショットで絶対にやってはいけないのが、ヒール側を砂に入れることです。

これは、クラブヘッド全体をきれいに入れることから起こります。

 

ヒール側が砂の中に入ると、クラブヘッドが砂の抵抗に負けて、止まってしまいます。

ヒールが砂の中に入っていなければ、トゥー側が砂の中に入っても、振り抜けることが出来るのです。

まとめ

 

・バンカーショットで、クラブヘッド全体を砂の中に入れてはいけない

・バンカーショットで砂の中に入れるのは、クラブヘッドのトゥー部分だけ

・ヒール側を地面に入れると、クラブヘッドが止まるため、絶対にやってはいけない

・ヒール側を走らせることで、クラブヘッドが加速する。その際、フェース面はターゲット方向を向いたまま

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - バンカー