ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

右肩が下がる(落ちる)原因はアドレス(構え方)にあり!直し方は簡単!

      2016/04/03

肩

右肩が下がる原因は様々ありますが、

一番の原因は、アドレス(構え方)にあります。

 

間違ったアドレスをしていることが、右肩が落ちてしまう原因になっています。

間違ったアドレスをすると、間違ったバックスイング(テークバック)になり、

間違ったダウンスイングで右肩が落ちてしまいます。

 

右肩が落ちる理由をアドレスの時点で作っていることに、気がついていない方が大変多いです。

 

でも安心してください。

アドレスを直すことは、難しくありません。

止まっているわけですから。

しっかりした構えを意識することで、簡単に直すことができます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

スイング中に右肩が下がってしまう原因となる間違ったアドレス(構え方)とは?

 

それは、アドレスの時点でスイング軸を右側に倒しすぎたアドレスです。

アドレスでスイング軸を右に倒して構えることが、セオリーではあります。

 

しかし、アマチュアゴルファーの場合は、倒しすぎています。

プロゴルファーの構えを写真などで見てください。

極端に右に倒れている選手はいないはずです。

 

スポンサードリンク

スイング軸は自分が思っている以上に傾いている

 

正しいアドレス(構え)は、スイング軸がほとんど真っすぐに近い状態です。

ほんの少しだけ倒せば、十分です。

自分では少ししかスイング軸を傾けてないつもりでも、思った以上に倒れていると思っていてください。

 

スポンサードリンク

正しいバックスイング(テークバック)を行なうコツとは?

 

正しいアドレスであれば、スイング軸がほぼ真っすぐの状態です。

 

ここからテークバックを開始しますが、注意しなければならないことは、

右肩が右に流れないように行なうことです。

右肩が流れることで、スイング軸が崩れてしまい、結果、右肩が少し落ちます。

 

正しいアドレスであれば、右肩が流れにくい構えになっていることから

スイング軸が保てます。

 

正しいダウンスイングコツとは?

 

一番してはいけないのが、腰からの切り返しです。

腰から切り返すと、下半身が先行し、上半身は残ることから、

スイング軸が、くの字型に曲がってしまいます。

 

切り返しでの腰は、ガマンすることで軸が動きません。

そして、右肩を落とさないように、腕だけで切り返します。

 

この点を忘れずに、練習してください。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - アドレス