ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【全てが台無しに】右手人差し指の握り方が最も重要/ゴルフグリップ基本

      2016/04/03

人差し指

ゴルフグリップで最重要なのが、右手の人差し指のグリップです。

右手人差し指の使い方が悪ければ、その他が良くても、全てを台無しになります。

 

あなたは、右手人差し指をどのように握っていますか?

一般的には、人差し指を曲げて、鍵型にすることが大事だと言われています。

この握り方で握ってもいいのですが、力の入れ方によってはミスショットになります。

 

その前に、下記のページにて、右手人差し指がクラブに与える影響について、

説明していますので先に読んで頂ければと思います。

↑『ヘッドの位置を体で感じることができるグリップの握り方は?』

  の部分を読んでください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフグリップの基本である右手人差し指の鍵型の握り方は、何が問題か?

 

人差し指は、非常に器用で、力の入りやすい指です。

鍵型の握り方は、右手人差し指がグリップにしっかりと絡んでいる状態です。

ということは、右手人差し指だけで、クラブをコントロールできることになります。

右手人差し指でクラブをコントロールするということは、小手先で打っているということになります。

 

スポンサードリンク

まず、右手人差し指の鍵型の握り方は、バックスイングの始動が問題ある

 

最初にバックスイングの始動のところです。

バックスイングの始動で、グリップに引っかけている右手人差し指で始動を行ないます。

そうすると、右手首が甲側に折れていきます。

 

結果、クラブヘッドがすぐに上に上がってしまい、

クラブヘッドを低く引いていくことができなくなります。

 

次に、トップ位置で、右手人差し指を使ってコックをしてしまう。

 

トップの位置にきたときに、ゴルファーはコックを作って、タメを作ろうとします。

右手人差し指は、それを簡単に行なうことができます。

 

しかし、ゴルフスイングにはコックは必要ありません。

コックを使うスイングは、スイングが安定しなくなります。

 

コックを使わないスイングについては、下記のリンクで確認してください。

目からウロコの説明になっていると思います。

↑ゴルフスイングにコックが必要ない理由(その1)を読めば、コック不要がわかります。

 

最後に、ダウンスイングで腰の高さまでクラブが下りてきたときに、問題がある

 

ダウンスイングで腰の高さまでクラブが下りてきたとき、

右手人差し指は、右手首の角度を維持し、タメを作るために、引っかけている状態だと思います。

 

ここから、インパクトに向かっていきますが、

クラブヘッドをボールのところまでもっていくためには、

右手人差し指を外して、クラブを落としてあげないといけなくなります。

 

しかし、右手人差し指を外すタイミングが早すぎた場合は、どうなるでしょうか?

ボールの手前に落ちて、ダフリになります。

 

逆に、遅すぎた場合はどうなるでしょうか?

クラブヘッドがボールの高さまで下りることができず、トップになります。

もっと遅い場合は、空振りです。

 

まとめ 右手人差し指の正しい握り方とは?

 

それは、右手人差し指が、シャフトに絡み付かないようなグリップです。

右手人差し指は、浅く握らなければなりません。

 

バックスイングの始動から、インパクトまでクラブに少し触れている程度で構いません。

それでも、十分に役割を果たしてくれます。

 

ここで注意してほしいことが2点あります。

・右手人差し指を、完全に外してしまうこと

・右手人差し指を、インパクトの直前だけ外すこと

 

この2点は、逆にスイングが不安定になりますので、絶対にしないでください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - グリップ