ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】右肘を体に引き付けてダウンスイングしてはいけない

      2016/04/03

attract

あなたは、ダウンスイングで右肘を引きつけて、タメを作るような動きをしていませんか?

この動きは、スライスやダフリなどの様々な原因となります。

 

この右肘を体に引きつける動きは、一般的には正しいスイングと言われています。

では、ダウンスイングでの正しい右肘の使い方を説明致します。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ダウンスイングでの正しい右肘の使い方を説明する前に・・・

 

まず、ダウンスイングでの正しい右肘の使い方の前提条件として、

正しいバックスイングと正しいトップでなければなりません。

 

↓正しいバックスイング・正しいトップは、下記のページをご確認ください。

 

スポンサードリンク

では、正しいダウンスイングの右肘とはどのような状態でしょうか?

 

それは、右肘は基本的には伸びた状態です。

手順を追って説明すると

 

また、トップ位置では、右肘は曲がっているが、最低限の曲がりで収まっている。

           ↓

ダウンスイングは、右肘が早いタイミングで伸びる。

そうすることで、大きなダウンスイングとなる。

           ↓

手が腰のあたりまで下りてきても、まだクラブヘッドは高い位置にある。

クラブヘッドが下りてくるまでは、右肘を体から離しておく。

決して、体に引きつけたり、ターゲット方向に動かすなどしてはいけない。

           ↓

クラブヘッドがボールの高さまでおりてきて、右肩・右手・クラブが一直線になったところで

右肘もクラブヘッドの動きに合わせて、ターゲット方向へ動かす。

 

右肘を伸ばし、大きなスイングアークで振ることで、

ボールを真横から捕らえることができ、きれいにインパクトすることができる。

 

なぜ、ダウンスイングで右肘を体に付けてはいけないのか?

 

それは、ゴルフクラブの構造に理由があります。

ゴルフクラブは、長いシャフトの先に、重いクラブヘッドがついています。

 

トップからの切り返しでは、

グリップや手元は、早く動くのですが、

クラブヘッドは重たいことから、すぐには加速しないのです。

 

また、クラブヘッドは、グリップと比べると、体から離れたところを下りてきます。

グリップ・手元は、移動距離が短いのですが、クラブヘッドは遠回りをしてきます。

要するに、クラブヘッドは後から遅れてついてくるのです。

 

ですから、右肘を体に引きつける動きは、

クラブヘッドが下りてきていないにも関わらず、

グリップ・手元などを、ターゲット方向に動かしてしまう動きとなるのです。

 

結果、クラブフェースが閉じきらずに、スライスやシャンクが起きます。

また、強引にクラブフェースを手首などを使って閉じた場合は、フック・チーピンとなります。

 

まとめ

 

・ダウンスイングでの正しい右肘は、基本的には伸びている状態

・右肘を伸ばすことで、大きなスイングアークで振れる

・クラブヘッドがボールの高さにおりてくるまでは、右肘を引きつける動きの他、

 ターゲット方向に動くことは、絶対にしてはいけない

・ゴルフクラブはシャフトが長く・先端にクラブヘッドという重りがついているので、

 ダウンスイングの際、クラブヘッドが遅れて下りてくる

・クラブヘッドが遅れて下りてきれていない状態で、右肘を体に引きつけると、

 フェース面が開いたままのため、結果、スライス・シャンクとなる。

・また、強引にフェース面を閉じた場合は、フック・チーピンとなる。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダウンスイング