ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】フライングエルボー(右脇の空き・右肘の開き)の原因と直し方

      2016/04/03

right elbow

あなたは、フライングエルボー(右脇の空き・右肘の開き)になっていませんか?

フライングエルボーは自分ではなかなか確認することが難しいです。

 

それは、右脇・右肘はスイング中に自分の目線に入っていないからです。

また、ゴルフスイングは体の様々な場所を動かす上、体の軸も傾いているため、

右脇・右肘の状態を把握することがむずかしいです。

できることなら、友人などに見てもらうか、ビデオに撮るなどして確認してください。

 

しかし、フライングエルボー(右脇の空き・右肘の開き)だと分かっていても、

原因がわからなければ直すのはむずかしいです。

でも、原因が分かれば簡単になおります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

フライングエルボーとは、右肘が高く、開いていること。どんなデメリットがあるの?

 

フライングエルボー(右脇の空き・右肘の開き)のことをもう少し詳しく説明したいと思います。

フライングエルボーとは、トップに上がった右肘が大変高い位置にあり、

かつ、右肘の向きが上を向いています。

 

フライングエルボーのデメリットとして、ミート率を低下させます。

まず、フライングエルボーになっているということは、オーバースイングの状態です。

また、ダウンスイングにおいても、右肘が複雑な動きをしてきます。

フライングエルボー(右脇の空き・右肘の開き)では、安定したスイングをすることは難しいです。

 

スポンサードリンク

フライングエルボー(右脇の空き・右肘の開き)の原因とは?

 

フライングエルボーとなる一番の原因は、ハンドファーストで構えているということです。

ハンドファーストで構えた場合にフライングエルボーとなるメカニズムは以下の通りです。

 

ハンドファーストのアドレスの状態は、左肩・左腕・クラブが一直線の状態です。

そして、グリップ位置は、体の中心より左寄りにあります。

右手はこのグリップ位置に合わせることになり、結果、右肘も左側により窮屈な状態になります。

           ↓

バックスイングの腕・クラブの動きは、左肩を支点とした左腕中心の動きになります。

そうすると、左腕が動けば動くほど、右肘は外へ押しやられます。

           ↓

右肘が外に逃げることができなくなった時点で、右肘は曲がり、上へと上がっていきます。

右肘の曲がりは、ハンドファーストの度合いが大きいほど、早いタイミングで曲がりだします。

           ↓

右肘は曲がりながら、上へと上がっていって、早い段階でこれ以上、上がれなくなります。

しかし、左腕・クラブは上へと上がっていきます。

           ↓

左肘は、これ以上は上にいけないことから、今後は肘を開いていきます。

           ↓

結果、フライングエルボーになります。

 

フライングエルボー(右脇の空き・右肘の開き)の直し方とは?

 

もうお分かりだとは思いますが、アドレスを『ハンドレイト』にして、

右腕主体のスイングにすればいいだけです。

 

ハンドレイトの場合は、右肩・右腕・クラブが一直線になり、

腕の動きも右肩を中心とした右腕の動きとなります。

 

右腕主体の動きですので、左手は後からついてくるだけなので、基本的には右肘の邪魔をしません。

左手が伸びきった後はこれ以上後ろにはいけませんので、ここからは右肘が曲がってきます。

しかし、バックスイングの後半の話ですから、それほど曲がりません。

 

又、トップ位置も低くなりますので、結果、右肘がそれほど上がらず、フライングエルボーが無くなります。

 

まとめ

 

・フライングエルボー(右脇の空き・右肘の開き)は、ハンドファーストのアドレスが原因

・ハンドファーストのアドレスは、右肘が早い段階で曲がりだすことから、

 行き場を失った左肘が高く上がり、それでも行き場がなく右肘が開く

・ハンドレイトのアドレスからのバックスイングなら、肘がそれほど曲がらない。

 結果、右肘が高く上がらないので、右脇が開くこともない

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - トップ・切り返し