ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【できる限り曲げるな】バックスイングで右肘をたたむとミスだらけ/ゴルフ

      2016/04/03

 right elbow

ゴルフスイングにおいて、右肘はスイングアークの大きさに影響します。

右肘がすぐに曲がるということは、スイングアークを小さくします。

スイングアークが小さくなると、スイングに力みが生じます。

 

また、右肘をたたむつもりはないのに、どうしてもたたんでしまう方もいると思います。

では、右肘を伸ばして、スイングアークを大きくするには、どのようにすれば良いでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

右肘をたたむことを考えない。右肘をできる限り伸ばす方法とは?

 

右肘を出来る限り伸ばす方法は、アドレスにあります。

その方法とは、ハンドレイトで構えることです。

 

ハンドレイトの構えは、

右肩・右腕・右肘・右手・クラブが、自分側から見て、ほぼ一直線に並ぶことになります。

ということは、スイングアークの支点は右肩にあることから、

右肩を中心として右腕・右肘・右手・クラブが上がっていくことになります。

 

では、右肘の動きを順を追って説明します。

まず、アドレスは、右肩・右腕・右肘・右手・クラブが一直線にならんでいる状態です。

                ↓

右肩を中心に、右肩・右腕・右肘・右手・クラブが上がっていきます。

このとき、左手は後からついてくるような形になります。

                ↓

バックスイングの途中の左腕が目一杯伸びたところで、右肘は少し曲がり、上へと上がっていきます。

                ↓

結果、スイングアークの大きなバックスイングになる。

 

ハンドレイトのアドレスであれば、右肘の動きを妨げるのは、左肘が伸びきった後です。

ですから、あまり右肘を曲げずに、バックスイングができます。

 

スポンサードリンク

右肘をたたまず、出来る限り伸ばしたバックスイングがなぜ良いのか?

 

それは、スイングアークが大きくなることで、ダウンスイングを緩やかな軌道で行なうことができます。

結果、ボールの真横からクリーンにインパクトすることができます。

 

右肘の曲がりが大きい場合、スイングアークが小さくなります。

結果、上から打ち込むことになり、結果、ダフリなどのミスを引き起こします。

 

ハンドファーストで構えるから、右肘が曲がってしまう

 

では、ハンドファーストで構えた場合はどうなるでしょうか?

 

ハンドファーストで構えるということは、

左肩・グリップ・シャフト・クラブヘッドが一直線になります。

ということは、腕の動きは左肩を中心に回っているということになります。

 

では、ハンドファーストの場合の右肘はどのような動きになるでしょうか?

順を追って説明していきます。

 

ハンドファーストの場合は、左肩を支点として、左腕・左肘・左手・クラブが一直線で上がっていきます。

          ↓

そして、左腕・左肘・左手・クラブが上がっていけばいくほど、右肘は外に追いやられます。

          ↓

右肘もある程度まで外側に動くことができますが、途中から外にもいけなくなります。

          ↓

結果、右肘が曲がってしまい、右肘は上へと上がっていくのです。

 

ハンドファストのアドレスからバックスイングをすると、

早い段階から右肘が曲がり、結果、スイングアークが小さくなる。

 

まとめ

 

・右肘をたたまず、出来る限り伸ばして大きなバックスイングをするには、

 ハンドレイトで構える。

・ハンドファーストで構えると、バックスイングの早い段階で右肘が曲がってしまう。

 結果、スイングアークが小さく、高いトップ位置となるので、上から打ち込みすぎる。

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - バックスイング