ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフスイング基本】バックスイングの始動は右手から

      2016/04/03

right

あなたは、バックスイングの始動をどこから行なっていますか?

一般的に言われているのは、体を使った始動を提唱する理論が多いように感じます。

しかし、体を使った始動を行なうと、問題があります。

 

当サイトは、右手から始動することをおすすめします。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

バックスイングの始動を右手で行なえばメリットがいっぱい

 

まず言っておきたいのが、

バックスイングの始動を間違うと、その後のスイングは全て間違っているということになります。

これは大袈裟ではありません。

 

もちろん、間違ったバックスイングでも、後から修正することは可能です。

しかし、それは小手先なので、安定したゴルフをすることはまずできません。

バックスイングの始動を右手で行なえば、様々なメリットがあります。

 

・軸が動きにくい

 体の軸はそのままに、右手だけを動かせば、簡単に迷いなく始動できます。

 

・ターゲット後方に、クラブヘッドを真っすぐに長い時間引くことができる

 右手をターゲット後方に真っすぐあげるには、右手を動かすのが一番簡単です。

 また、右手はターゲット後方寄りにあるため、長い時間引くことができます。

 

・フェースターンを抑えて、始動できる

 右手のひらをターゲット方向に向けたまま、真っすぐ上げることが簡単

 

スポンサードリンク

もう1つ重要なのが、右手で始動する際、左手の力を抜くこと

 

しかし、左手ならターゲット後方に真っすぐ引けそうな気がしますよね?

 

これはやってもらえば分かるのですが、

左手でバックスイングを開始すると・・・

・左肩や体もつられて回りやすい

・バックスイングで左手でするには力を入れないといけない。

 

 左手に力が入ると、脇などにも力が入り、左半身が固くなる。

 結果、体が回りすぎたり、ぎこちないスイングになる。

 

バックスイングの始動を、『腰』『肩』『左手』など、右手以外を使ってやってはいけない理由

 

バックスイングの始動を、『腰』『肩』『左手』などを使うとなぜダメなのかわかりますか?

それは、体が動きすぎるということです。

 

では、体が動きすぎると何が問題なのでしょうか?

それは、クラブヘッドがインサイドに入りすぎてしまうからです。

クラブヘッドがインサイドに入りすぎると、フェース面が大きく動きます。

 

結果、

・バックスイングでクラブヘッドをターゲット後方に真っすぐ引けない

・フェース面が大きく動くことから、手首等を使いすぎる

・安定したボールインパクトができない

 

まとめ

 

・バックスイングの始動は、右手から。ターゲット後方に真っすぐ引く

・右手で始動する際、左手の力を抜くことがコツ

・肩・腰などの体を使うと、クラブヘッドがインサイドに入りすぎる。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - バックスイング