ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ダウンスイングで手首のタメは飛ばない・方向性が悪い原因

      2016/04/03

directionality

あなたはダウンスイングで手首のタメを使って、ボールを飛ばそうと思っていませんか?

腰の高さまでクラブを持ってくる際に、トップでできた手首の角度を維持して、

そこから手首を一気にリリースすることで、ボールにインパクトしようと思っていませんか?

 

このようなスイングが絶対に飛ばないとは言いませんが、非常に確立が低いです。

たぶん、飛ぶ時と飛ばない時の差が激しいのではないかと思います。

 

また、このようなスイングをする方は、方向性も安定していないと思われます。

スコアが安定しない方は、手首のタメを使っている可能性が高いです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

腰の高さまで手首のタメを維持したまま下ろしてくるとなぜ飛ばない・方向性が悪いのか?

 

手首でインパクトすることになるからダメなのです。

腰の高さまでは、腕を使って下ろしてきていると思いますが、そこからは手首をリリースします。

手首をリリースするということは、手首を使ってボールをインパクトしているということになります。

 

スポンサードリンク

手首を使うと、どのようなインパクトになるのか?

 

手首を使うと、フェースがターンしてインパクトします。

手首を使うと、ボールを拾うように・包み込むように、打つことができると思っていませんか?

それは、大きな間違いです。

腰の高さまで手首のタメをつくり、一気に手首をリリースすると、フェースターンをコントロールできない。

 

腰の高さから手首をリリースするということは、一気に手首をリリースするということになります。

一気に手首をリリースすると、ヘッドスピードが一気に加速し、合わせてフェースターンも一気に加速します。

 

一度加速したフェースターンで出来たエネルギーは止めることができません。

フェースターンをコントロールすることは難しく、結果、フェースターンしすぎます。

 

フェースターンをしすぎると、方向性が悪く、ボールも飛ばない。

 

フェースターンをしすぎると、方向性が悪いことは想像がつくと思います。

・インパクトでフェースの向きがバラバラになり、方向性が安定しない

ボールに変な回転がかかり、右へ左へ曲がりだす

 

また、フェースターンをしすぎると、ボールは飛びません。

フェースターンが多くなると、

ボールをこすり上げて、インパクトでボールを押せない

・変な回転が掛かって、失速する

 

ボールが飛ぶためには、フェースターンを抑えて、ボールを押し潰すように打つことが大事です。

フェースターンを抑えることで、方向性も安定します。

まとめ

 

・腰の高さまで手首を維持して、一気にリリースすると、フェースターンをコントロールできない。

・フェースターンがコントロールできないと方向性が悪い

・フェースターンをしすぎると、ボールを擦ることになり、ボールが飛ばない

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダウンスイング