ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】パター上達しない原因はハンドファーストアドレス(構え方)

      2016/04/03

putting

パターをハンドファーストで打っている方は以外と多いです。

ハンドファーストにする理由としては、フェース面を動かさずにそのままスライドさせるように打てるからです。

しかし、この打ち方はインパクト次第では、ボールが全く予想のつかない動きをすることがあります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

パターのハンドファーストは、ボールを上から押さえつけるから、不規則に飛び出す

 

パターの正しいアドレスは、フェース面が地面と垂直の状態です。

しかし、ハンドファーストで構えるということは、フェース面が下を向きます。

このままの状態で、バックスイングからインパクトすると、ボールの赤道より上の部分に当たります。

 

ボールの赤道より上の部分に当たるということは、ボールを上から地面の方向に押さえつけることになります。

するとボールは、クラブによる上からの圧力と、地面からの圧力によって、飛び出していってしまいます。

飛び出す方向は正確にはわかりません。

スポンサードリンク

ハンドファーストのパターは、ボールにバックスピンがかかり、さらに動きが読めない

 

また、飛び出したボールには、バックスピンが掛かっている状態になります。

 

このバックスピンが掛かった状態で地面に落ちると、

・ボールの勢いが急に止まったり、

・落ちてすぐに不規則に飛んでいったりします。

 

これでは、ボールの距離感・方向性など全くコントロールすることができません。

 

正しいパターのアドレス・インパクトは、フェース面が地面に対して垂直

 

パターの正しいアドレス・インパクトとは、フェース面が地面に対して垂直になっている状態です。

但し、パターも若干のロフトがあるため、正確にはフェース面は垂直より少し上を向いていることになります。

 

正しいフェース面の角度でインパクトすると、

まず、インパクトの直後にボールが少し浮いて10センチほど飛びます。

その際、ボールはトップスピン(順回転)が掛かっているので、

落下後、順回転の方向にそのまま転がっていきます。

 

これで、距離感・方向性が正しく再現できることになります。

まとめ

 

・ハンドファーストでインパクトすると、ボールを押さえつけることから、不規則にボールが飛び出す。

・ハンドファーストのボールは、バックスピンが掛かっている。

 結果、インパクトでボールが飛び出したは、落下した直後に勢いが無くなったり、変な方向に飛んでいく。

・正しいアドレス・インパクトは、フェース面が地面に対して垂直。

 しかし、パターは若干のロフトがあるため、正確にはフェース面は地面に対して垂直より少し上を向いている。

・正しいインパクトで出来たボールの回転は、順回転となり、距離・方向ともに安定する。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - パッティング