ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】パター上達のおすすめ練習『左手一本』を詳しく解説

      2016/04/03

putting

ゴルフはパターがスコアメイクに重要ということで、

おすすめの練習をご紹介します。

その練習とは、左手一本だけで行なうパターの練習です。

この練習を行なうことで、効率よくパターを使うことが出来ます。

パターの転がりが悪い人には、特におすすめです。

また、この練習を続ければ、パターの方向性も良くなると思います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

左手一本だけのパター練習がなぜ良いのか?

 

それは、シャフトのしなり・フェースの捻れを感じることができるからです。

ゴルフクラブのシャフトは、しなりやすくできています。

これは、パターであっても同様です。

パターのシャフトのしなりを感じることで、効率よくインパクトでき、良い転がりが生まれます。

 

また、シャフトは左右にしなるだけでなく、捻れるようにも動きます。

シャフトの捻れは、フェース面の動きを生みます。

このフェース面の動きを感じることができれば、方向性も増していきます。

左手だけのパター練習の具体的な打ち方

 

まず、この練習は長い距離を打つ必要がありません。

シャフトのしなり・捻れを感じることが重要です。

最初は30センチ程度の距離からスタートしてください。

慣れてきたら、距離を長くしていくと良いです。

 

グリップは、左手一本で握ります。握り方は、お好みで構いません。

スイングは、小さい振り幅で構いません。

重要なのは、シャフトのしなり・捻れで、ボールにインパクトするということです。

 

この左手一本のパター練習で絶対にやってはいけないことは?

 

それは、インパクトで左手がターゲット方向に動きすぎることです。

 

左手がターゲット方向に動きすぎるということは、

左手でボールを押し出しているということになります。

これでは、シャフトのしなり・捻れを使ってインパクトしていることになりません。

 

インパクトで左手を減速させることで、シャフトはしなり・捻れが起こるのです。

かといって、完全に止めてしまうのも、シャフトが極端にしなり・捻れますので、やってはいけません。

まとめ

 

・左手だけを使ったパター練習は,シャフトのしなり・捻れを感じることができる。

・この練習では、長い距離を打つ必要はない。

・インパクトは、シャフトのしなり・捻れだけで行なう。

・インパクトで、左手のグリップがターゲット方向に動きすぎてはいけない。

・左手のグリップを減速させることで、シャフトがしなり・捻れが起こる。

・かといって、左手のグリップを止めると、

 極端なシャフトのしなり・捻れが起こるため、やってはいけない。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - パッティング