ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】パター上達は『フォロー』と『しなり』で距離感から

      2016/04/03

putting

ここではパターの距離感の作り方について説明したいと思います。

あなたは、パターの距離感を、バックスイングの振り幅で決めていませんか?

パックスイングの振り幅で、距離感を作ると安定しないのです。

パターの距離感は、基本はフォローで作り、

プラスアルファーとしてシャフトのしなりを使います。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

まず、素振りでシャフトのしなりを確認する。

 

パターをする前に確認しなければならないのが、シャフトのしなりです。

パターのような小さな振り幅であっても、シャフトはしなっています。

まずは、これを確認してください。

 

インパクトをシャフトのしなりに任せることが出来れば、それだけでパットの距離感が安定します。

特に、ショートパットは、シャフトのしなりだけで打つことができます。

スポンサードリンク

シャフトのしなりを考慮しながら、パッテングの距離感をフォローで作る

 

シャフトのしなりが確認できた後は、フォローで振り幅を決めます。

フォローでの振り幅を決める手順は・・・

スタンス幅は、左右の靴の間に、自分の靴が二つ入る幅にする

             ↓

ボール位置は、スタンスの中心。自分の好みで多少動かすのはOK

             ↓

バックスイングの幅は、自分のスタンスの範囲内一定にする。

距離の長短に関わらず、一定にする。

             ↓

フォローでここまで動かすと、5ヤード・7.5ヤード・10ヤードという感じで、振り幅を事前に決めておく。

※振り幅を決めるのは、ラウンド前のグリーン練習場で行なう。

 

パターの距離感をバックスイングで作ってはいけないのはなぜか?

 

それは、バックスイングが大きければ大きいほど、ミート率が落ちるからです。

パターの場合でも、油断するとダフリなどのミスが起きます。

 

また、バックスイングで距離感を作る人にありがちなのが、

ボールに当てることに必死になり、インパクトでパターヘッドを止めてしまいます。

パターであっても、ヘッドを振り抜くことが大事です。

 

距離の長短に関わらず、小さなバックスイングを一定して行なうことで、安定したインパクトが可能となります。

まとめ

 

・まずは、素振りでシャフトのしなりを確認する

・距離感は、フォローの振り幅で決める。

・フォローの振り幅は、ラウンド前のパット練習場で確認しておく。

・バックスイングを小さくすることで、ミート率を高め、インパクトを安定させる。

・距離の長短に関わらず、バックスイングの振り幅は一定にする。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - パッティング