ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【パッティング】パット上達の基本は、パターの『しなり』を感じる打ち方

      2016/04/03

putting

パットの距離感・方向性が合わない理由に、シャフトのしなりを考えていないということがほとんどです。

パットのような小さなスイングにおいても、パターのシャフトはちゃんとしなっています。

パターのシャフトのしなりを利用することで、小さなスイングアークでもしっかり転がすことができます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ゴルフクラブは大変しなりやすい基本構造。パターもしなっている

 

ゴルフクラブというのは、シャフトの先にクラブヘッドがついています。

シャフトの先にクラブヘッドがついていなければ、シャフトはそれほどしなりません。

しかし、クラブヘッドがシャフトの先端につき、重りとなっていますので、

ゴルフクラブというのは、非常にしなりやすい構造になっています。

 

これは、パターにおいても同じです。

確かに、ドライバー(ウッド)と比べると、しなりの大きさは小さいですが、ちゃんとしなっているのです。

このパターしなりは必ず起こっていることから、絶対に無視することはできません。

パターのしならせ方が解れば、パットは簡単になる

 

バッティングのしなりは、インパクトで使います。

パターをしならせるには、インパクトで左手が減速しなければなりません。

実際にパットを打つ際は、その前の素振りが重要です。

 

素振りのコツは,インパクトでグリップを減速させて、シャフトがどのぐらいしなるかを確認しながら行ないます。

このときに、距離感だけでなく、しなりによりパターのフェース面がどれだけ捻れるかも確認します。

パターのしなりを理解することで、小さなスイングアークでも、効率的にボールを転がすことができます。

 

インパクトでグリップをターゲット方向に動かすと、しなりは小さくなりますが・・・

 

しかし、しなりは必ず起こっているので、グリップをターゲット方向に動かして方向性を出したとしても、

自分が思っている方向には転がりません。

特にピン型のパターは、シャフトの捻れが大きいことから、方向性が合わないことがあります。

距離感に関しても、パターにしなりがある分、自分が思った以上にボールが転がります。

 

これはコースに出るとよくあるパターンですが、

ファーストパットで、大振りにより、シャフトがしなりすぎてカップをオーバー              ↓

返しのパットは、先程のミスを考えて小さく振りすぎて、シャフトがしならずショート

 

スイングが大きいほどシャフトのしなりは大きくなるので、

距離が長い場合は、自分の感覚よりスイングを小さくしなければなりません。

距離が短い場合は、自分の感覚よりスイングを大きくしなければなりません。

まとめ

 

・パターにおいても、シャフトのしなり・捻れがある

・パターのシャフトのしなり・捻れを考えた振り幅で振る

・素振りでシャフトのしなり・捻れを確認する

・シャフトをしならせるためには、インパクトでグリップを減速させる

・距離の長いパットはしなりが大きいため、自分の感覚より小さめに振る

・逆に、距離の短いパットはしなりが小さいため、自分の感覚より大きく振る

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - パッティング