ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

プッシュスライス(右に出て、更に右に曲がる)の原因と直し方/ゴルフ

      2016/04/03

slice

プッシュスライスは、ヘッド軌道とフェース面の2つの問題点が合わさったボールです。

コースであれば、間違いなくOBになるボールです。

では、問題点を1つずつ説明していきたいと思います。

 

ちなみに、プッシュスライスとは、どういう球筋かご存知ですか?

まず、インパクトと同時にターゲット方向より、右側に飛んでいきます。

そして、その先のほうで、右に曲がっていくボールのことです。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

プッシュスライスのヘッド軌道は?

 

プッシュスライスのヘッド軌道は、インサイドアウトです。

テークバックでクラブヘッドが極端にインサイドに上がり、

ダウンスイングもそのまま、極端にインサイドから入ってくる軌道です。

 

スポンサードリンク

なぜ、インサイドアウトのヘッド軌道になるのか?

 

・テークバックで体が回りすぎている。

ボディーターンを主体としたスイングをしている人に多い軌道です。

ボディーターンをする方は、腰、胸、肩を回します。

これだけいろんな所を回せば、クラブは背中側にいってしまいます。

 

・スライスを恐れるあまり、インサイドから入れてフェースターンで打とうとしている。

一般的なスライスの原因の1つに、アウトサイドインのヘッド軌道というのがあります。

アウトサイドインのヘッド軌道というのは、体の回転が少なすぎることが原因であると言われています。

よって、体の回転を多くして打とうとします。

 

しかし、体が回りすぎた場合に、それをフェースターンで補おうとします。

フェースターンのタイミングが遅れた場合は、プッシュスライスとなります。

 

プッシュスライスのフェースの向きは?

 

プッシュスライスのフェースの向きは、上を向いています。

インパクトの際は、フェースが上を向いた状態で、ボールの下側を擦るようにあたり、回転がかかります。

 

なぜ、フェース面は上を向くのか?

 

・フェースターンが間に合っていない。

フェースターンが間に合わない理由は、極端にインサイドからヘッドが入ってきているからです。

インサイドからヘッドが入ってきているということは、それだけフェースを大きく返さなければならなくなります。

 

・クラブが寝ることで、フェースが上を向く

ボディーターン主体でスイングしているということは、基本は横振りです。

横振りということは、クラブヘッドが低い位置にきます。

クラブヘッドが低い位置にあるということは、この時点でフェースが上を向いていることになります。

 

プッシュスライスの直し方は?

 

まずは、ボディーターンをせずに、バックスイングでクラブヘッドをターゲット後方に真っすぐ上げることです。

そのために、アドレスはハンドレイトにしてください。

それだけで、極端なインサイドアウト軌道はなくなります。

 

次に、ダウンスイングではフェースターンをせず、そのまま真っすぐ下ろしてきてください。

イメージとしては、ボールをフェースの上に乗せて、運んでいく感じです。

このときに気をつけるのは、グリップが先行するような動きはせずに、ヘッドをしっかり下ろしてきてください。

 

最後に、インパクトはシャフトの逆しなり(しなり戻り)を使ってください。

そうすれば、フェースターンをしなくても、強いボールが飛んでいきます。

↑シャフトの逆しなりがわからない方は、こちらを読んでください。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - スライス・プッシュスライス