ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【パワーフェードの打ち方】バッバ・ワトソンのYouTubeスイング動画・スロー

      2016/04/03

動画

パワーフェードと言えば、世界一の飛ばし屋であるレフティーのバッバ・ワトソンでしょう。

彼の飛距離は、最大で400ヤードを超え、平均飛距離も300ヤードを超えます。

彼のパワーフェードは、それまでのゴルフスイングの常識を覆しました。

それは、フェードは飛ばないというのは違うということを証明したからです。

では、バッバ・ワトソンのパワーフェードの打ち方を見ていきましょう。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

ドライバー(1番ウッド)背面からの動画・スロー【バッバ・ワトソンのパワーフェードの打ち方】

 

①ユーチューブ動画でバッバ・ワトソンのパワーフェードを背面から見てみましょう。

 

まず、バッバ・ワトソンのスイングで特徴的なのが、打った後に体が完全に前を向いているということです。

これは、フェードを打っている証拠です。

 

フェードボールを打つということは、フェース面を同じ方向に保とうとします。

ですから、フェース面を保つかわりに、その分だけ体を回して、力を逃がしています。

これがドローボールヒッターであれば、腕のローテションを多く使うため、

これほど体が開くということは、ありません。

 

スポンサードリンク

ドライバー正面からの動画・スロー【バッバ・ワトソンのパワーフェードの打ち方】

 

②ユーチューブ動画で正面からのバッバ・ワトソンのパワーフェードの打ち方を見てみましょう

 

この動画で特徴的なのが、アドレスでのグリップです。

バッバ・ワトソンは、かなりのストロンググリップ(フックグリップ)で握っています。

 

一般的にフェードボールを打つときは、ウィークグリップと言われていますが、

この動画を見る限りは、そこはあまり関係ないと思います。

要するに、ストロングであろうが、ウィークであろうが、

フェース面をターゲット方向に一定に保てる握り方が良いということです。

 

バッバ・ワトソンがパワーフェードを打つ理由。ティーショットでドローは年1回のときも

↓こちらのページはバッバ・ワトソンの興味深いコメントが見れます。

【WORLD】バッバのパワーの基本 by バッバ・ワトソン

 

上記のサイトを見て頂ければ、バッバ・ワトソンのコメントが載っています。

その中で特徴的なのが、2011年のティーショットでドローを打ったのは1回だけと言っています。

また、パワーフェードで打った方が方向性が安定し、距離も安定するといっています。

方向性に関していえば、フェースターンをさせないフェードのほうが安定するのはわかりやすいです。

 

しかし、距離も安定すると言っていますが、この意味がわかりますか?

フェードボールはランが出にくいからです。そして高さが出るからです。

ドローボールの場合は、ランが出ますが、高さがでない場合があります。

ランはその時のコースの状況で変わってきます。

 

ドローボールのナイスショットを打っても、ランが出過ぎて、池に落ちたなんてこともあります。

また、打ち上げのホールなどでティーショットに高さが出ないときは、すぐに地面に落ちます。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - フェード・パワーフェード