ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

【ゴルフ】アドレス(構え方)の姿勢は関係ない。写真見ても意味なし

      2016/04/03

姿勢

あなたは、アドレスの姿勢をどのようにしていますか?

・背中を張って、ピンと伸ばしている

・お尻を上にキュッと上げている

このようなことをやっているのではないかと思います。

また、プロゴフルファーの写真などを見て参考にされているかと思います。

 

しかし、姿勢については、決めごとをしてもあまり意味がありません。

また、スイングを崩す原因にもなります。

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

姿勢は、写真等を見て形を決めるのではない。姿勢は決めるのではなく、決まるもの

 

姿勢は決めるものではなく、自然に決まるものです。

練習やラウンドをしていくなかで、自然に形が出来上がっていきます。

 

体は股関節から曲げる

背中を張る

お尻を上げる など、

このように形を作ることは、やめてください。

 

但し、このままだと全くの基準がなく、迷ってしまわれると思いますので、

この後に、具体的な方法を説明致します。

 

スポンサードリンク

姿勢を決めてしまってはいけない理由は2つ

 

・姿勢を決めるのに形から入るとどうしても、体に力が入ってしまうのです。

 

例えば、背中をピンと張ってアドレスしたとします。

そうすると、背中の柔軟性がなくなり、ぎこちないスイングになります。

 

また、お尻を上げてアドレスしたとします。

そうすると、スイング中に体が浮き上がったり、クラブヘッドを打ち込みすぎたりします。

 

ゴルフスイングとは、柔軟性の中に、ポイントポイントだけ固めるタイミングがあるということです。

形にこだわると、スイングの間中、ずっと固定しかねません。

 

・姿勢を決めていても、実際のコースでは、そのとおりに行なう場面はほとんどない

 

ゴルフコースは、練習場と異なり、起伏や障害物などあります。

様々な状況に対応するには、その場にあった姿勢にしなければなりません。

練習場のように、股関節から曲げて、決めた角度でなどできません。

 

逆に、普段の練習から、どのような体勢でも打てるようにしておくことが大事です。

 

コース状況にあった具体的な姿勢の作り方の手順

 

ゴルフクラブをボールの横にセットします。

このときに大事なのは、手を体から離してセットすることです。

なぜかというと、手が近すぎると上半身の前傾が浅くなるからです。

上半身があるていど前傾していないと、スイング中に体が浮きやすくなります。

          ↓

両膝を曲げて、思い切り前に出し、リラックスします。

          ↓

前に出ている両膝を伸ばしていきます。

両膝がロックされるまで伸ばしていきます。

両膝がロックされるまで伸ばさなければ、スイング中に膝が前後しますので、しっかり伸ばしてください。

但し、完全に伸びきってしまうのもダメです。

完全に伸びきる一歩手前といった感じが、膝の一番良い角度です。

 

この手順を守っていけば、コース状況に応じた姿勢を作ることができます。

 

そのときの状況により、前傾の角度や、背中の伸び具合などは変わっていきます。

ですから、猫背になる場合もありますので、気にしないでください。

 

まとめ

 

・最初から背中を伸ばしたり、お尻を上げたりなどの姿勢を決めてアドレスしてはいけない

・そのときのコース状況により、姿勢は変わる

・姿勢が決まるまでの手順は、

 体から手を離し、クラブをセット → 上半身を前傾 → 両膝を曲げる → 両膝を伸ばす

 

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

 


 - アドレス