ゴルフスイング555

ゴルフスイングの基本から応用までダイジェストで

*

ダウンスイングの基本【ノーコック】【タメ無し】【ノーダウンブロー】

      2016/04/03

ゴルフスイング

あなたのダウンスイングはこんな感じではないですか?


・コックをしっかり使う

・トップのコックでできた手首の角度を維持したまま、腰の高さまで下ろしてくる

・腰から下は、フェースターンをしながら下ろしてくる

・アイアンはダウンブローで打ち込む

 

これでは、練習場で打てても、コースでは話になりません。

では、正しいダウンブローとはどういうものでしょうか?

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編

正しいバックスイング・インパクトを知り、基本のダウンスイングを見直す

 

正しいインパクトとは、ボールを押し潰すことです。

ボールを押し潰すためには、『ボールをできるかぎりの長時間、真っすぐ押す』ことが必要です。

 

そのためには、正しいバックスイングと正しいインパクトを知ること必要です。

↓本ページを読む前に、下記のページをご確認ください。

「 バックスイング 」 一覧

「 インパクト 」 一覧

スポンサードリンク

【ノーコック】なら、『ボールをできるかぎりの長時間、真っすぐ押す』ことが出来る。

 

ノーコックとは、バックスイングで手首を使わない動きのことです。

バックスイングで手首を使わないということは、

ダウンスイング・インパクトでのフェースターンが抑えられます。

 

フェースターンが抑えられれば、

フェースが同じ方向を向いている時間が長いため、ボールを押し続けることができます。

【タメ無し】なら、『ボールをできるかぎりの長時間、真っすぐ押す』ことが出来る。

 

タメが無いということは、スイング中に手首が伸びている状態です。

手首が伸びているということは、スイングアークが大きくなります。

※スイングアークとはスイングの大きさのこと

 

スイングアークが大きくなれば、ボールを横からインパクトしやすくなります。

横からインパクトできれば、ボールを押す時間が長くなります。

 

また、タメが無いスイングは、スイングアークが大きくなるため、

ターゲット後方から真っすぐクラブヘッドを下ろしてくることができます。

クラブヘッドは、インサイドから入れるのではありません。

ターゲット後方から真っすぐに下ろすことができれば、長い時間ボールを押し続けることができます。

 

【ノーダウンブロー】なら、『ボールをできるかぎりの長時間、真っすぐ押す』ことが出来る。

 

ダウンブローとは、クラブヘッドを上から下に下ろす動きです。

クラブヘッドが上から下に動くということは、

クラブヘッドの力が地面の方向に向かうため、ボールを押すことはできません。

ヘッド軌道を緩やかにすることで、ボールを横から長い時間押すことができます。

まとめ 正しいダウンブローの基本的な動き

 

正しいダウンブローをするためには、

・正しいバックスイングが必要

・正しいインパクトのイメージが必要

 

上記2点を理解した上で、ダウンスイング中にやらなければならないことは、

・右の手首が伸びている状態を維持する

・大きなスイングアークでスイングする

・クラブヘッドをターゲット後方から真っすぐ下ろしてくる

・フェースターンをしない

・クラブヘッドを緩やかに入れてくる

スポンサードリンク


ライザップゴルフ


桑田泉クォーター理論基礎編


 - ダウンスイング